病院からのお知らせ

2024.05.16

初診のWeb予約ができるようになりました(小児科以外)

本日5月16日から、小児科を除いて、インターネットでも初診の予約をおとりいただけるようになりました。

初診の方は、予約サイト@linkで仮登録をいただきますと、ご登録いただいたメールアドレスに仮IDとパスワードが届きますので、そちらでログインの上、ご予約いただけます。

すでに当院の診察券をお持ちのかたは、今まで通り診察券番号でご利用いただけます。

2024.04.01

本日4月1日 足立病院 西院レディースクリニックが開院

本日、右京区西院に足立病院グループの新しいクリニックとして『足立病院 西院レディースクリニック』が開院いたしました。昨年末に閉院した宮元産婦人科医院の跡地になります。

地域に根ざしたクリニックとして、足立病院 本院とも連携しながらみなさまに信頼される医療を提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

足立病院 西院レディースクリニック
〒615-0066
京都府京都市右京区西院四条畑町1-11
Tel: 075-321-1112
https://saiin-lc.com/

2024.03.11

旧産婦人科の北側にあたらしく当院の提携駐車場がオープンします <3月13日(水)から>

現在、当院提携駐車場の車屋町パーキングが閉鎖となっておりますが、3月13日から、新たに旧産婦人科の北側に『東洞院パーキング2』がオープンすることとなりました。

いままで車屋町パーキングをご利用いただいておりましたみなさまにはご不便をおかけしますが、今後はあたらしい『東洞院パーキング2』をご利用いただきますようお願いいたします。

なお、他の3つの提携駐車場につきましては引き続きご利用いただけます。

2024.03.02

東洞院通で通行止めが実施されます(3月4日(月)9~17時)

3月4日(月)の9時から17時の間、東洞院通にて工事に伴う通行止めが実施されます。通行止め期間中、当院小児科、生殖医療センター前を通過することはできません。北側から当院 東洞院パーキングをご利用の際は、間之町通へ迂回が必要になります。ご来院の際にはご注意ください。

2024.02.15

東洞院通で通行止めが実施されます(2月22日(木)9~17時)

2月22日(木)の9時から17時の間、東洞院通にて工事に伴う通行止めが実施されます。通行止め期間中、当院小児科、生殖医療センター前を通過することはできませんので、北側から当院 東洞院パーキングをご利用の際は、間之町通へ迂回が必要になります。ご来院の際にはご注意ください。

2024.01.31

15歳から39歳の「AYA世代」に知ってほしい 乳がんと妊娠セミナーに参加しませんか?<3月3日(日)>

がんは、若い世代にとっても他人ごとではありません。若年女性が最もかかりやすいがんが乳がんです。がんの治療では、妊孕性(妊娠する能力)が低下したり、失われたりすることがあります。

このたび、15歳から39歳までのAYA世代のがんについて知ってもらうキャンペーン、AYA WEEK 2024に足立病院も賛同し、3月3日(日)に、乳がんと妊娠について知っていただくセミナーを開催いたします。

乳がん検診による早期発見や、がん治療前に妊娠できる可能性を残す妊孕性温存治療、また公的助成金のシステムについて足立病院グループの女性医師がレクチャーいたします。

セミナー前には、全国の街角に生の演奏を届ける(一社)100万人のクラシックライブによるヴァイオリンとピアノのクラシック演奏があります。さらに、足立病院のおとなり、大人気ケーキ店のグラン・ヴァニーユ提供のお菓子もご提供いたします。

参加費は無料。下記の要項をご覧になって、ぜひお申し込みください。

🔶要項🔶

🟥参加費
無料

🟥日時
2024年3月3日(日)
13:30~15:00

🟥対象
15歳以上の男性、女性
(お子様はご参加いただけません)

🟥場所
御所の杜ほいくえん
〒604-0956
京都市中京区柳馬場通二条下ル等持寺町15番地

🟥定員
80名程度(抽選)
※抽選の結果は、2月26日(月)にメールでお知らせいたします。
 27日になっても連絡がない場合は、当院までお問い合わせください。

🟥申込〆切
2024年2月22日(木)

🟥申込方法
下記のウェブフォームにご記入、ご送信ください。
https://forms.gle/kmT4JyGWMpQLfkcr7

🟥お問い合わせ
足立病院
TEL: 075-221-7432(藤田/飯田)
平日・土曜 9:00~17:00


2023.09.09

9月11日(月)から朝食ビュッフェを再開します!

9月11日(月)から、ご入院されている方を対象とした朝食ビュッフェを再開いたします。コロナ禍でながらく中止させていただいておりましたが、ご利用者様のお好みに合わせて献立や量を調整していただけるようになります。ご利用可能時間は朝7:45~9:30。日替わりで洋食と和食をご提供いたします。点滴などで両手が使えない方はスタッフがお手伝いいたしますので、レストランルームにてお声がけください。

なお、お部屋でのお食事をご希望の方は事前にスタッフにお伝えください。また、夜間入院(16時以降にご入院)の方は部屋食での提供となります。昼食、夕食は今までどおりお部屋まで厨房スタッフが配膳いたします。

その他詳細につきましては、入院時にご説明させていただきますので、どうぞご確認ください。

2023.08.22

病児保育こだちが移転します(8/29から)

足立病院旧館の建て替え工事に伴い、病児保育こだちは、8月29日から東洞院通むかいの『シンフォニアⅡ』の2階に移転いたします。利用者のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。

2023.07.25

8月15日(火)はお盆休みをいただきます

8月15日(火)は、お盆休みのため、産婦人科、小児科、生殖医療センターともに外来を休診いたします。ご迷惑をおかけしますが、予めご了承ください。

2023.07.25

8月6日(日)開催! 足立病院オープンホスピタル2023

産婦人科病院ってどんなところ? わたしが生まれた病院って今どうなってるの?

新しくてきれいな足立病院の診察室に入れるチャンス! お子様といっしょに医師や助産師、保育士の仕事をのぞいてみませんか?

いろんなイベントを用意しています。

・足立病院で働く人たちの姿をのぞいてみよう
・白衣やエプロンを着ての写真撮影
・エコーで自分の体を見てみよう(自分の心臓はどんなふうに動いているかな?)
・赤ちゃんのお世話体験をしてみよう
・助産師さんとお話してみよう
・産婦人科医のミニ講座15分ほど(詳細は下記)
・絵本交換会(詳細は下記)

などなど

どなたでも参加いただけます! 下記の要項をご確認の上、みなさまどうぞお越しください。スタッフ一同お待ちしております!!

⭐開催要項⭐

・日時
2023年8月6日(日)13~16時

・場所
足立病院新館1階

《入場無料・事前申し込み不要》

⚠️注意事項⚠️

・院内は飲食禁止、撮影禁止(撮影は写真エリアのみ可)
・駐車券はお渡しできません

👩🏻‍🎓ミニ講座開催予定👩🏻‍🎓

13:30 生理のこと 
14:30 子宮頸がんワクチン

📖絵本交換会について📖

◎取り扱うもの
絵本、児童書

◎取り扱わないもの
雑誌、汚れや痛みのひどいもの、書き込みのあるもの
•名前は消すかテープなどで隠してあればokです
•フリーマーケットで販売できるぐらい、次の人に喜ばれるものをお願いします

◎交換方法
持ってきた本一冊と好きな本一冊を交換できます
事前に持参して当日絵本を選ぶ事もできます

◎事前に絵本をお持ちいただくことも可能です
日時 7月24日(月)〜26日(水)13時〜16時。
場所 新館受付 
絵本をお持ちいただいた際に、8月6日当日に絵本と交換できるカードをお渡しします。

2023.06.15

キョウテク車屋町パーキングは一部使用不可となります

当院の契約駐車場としてご利用いただいております『キョウテク車屋町パーキング』の2、8、9、10、11番車室は、本日6月15日15時から、場内貸し切りのため使用不可となります。ご不便をおかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

2023.05.09

入院される妊婦様へのお願い:PCR検査の実施について

5月8日から、新型コロナウイルス感染症は感染症法上の5類に移行いたしましたが、ベビーや体力を消耗している妊産婦様への感染防止のため、当院ではひきつづき妊娠38週の時点で入院前のPCR検査(検査料金8,000円)を継続いたします。
※当面は、この内容で対応させていただき、感染・社会状況をみて柔軟に変更するつもりです。
なお、本検査に係る費用については、お住まいの市町村で助成金が交付されます。詳細について各市町村窓口にお尋ねください。
ご負担をおかけしますが、みなさまに安心して診療を受けていただける環境の維持のため、ご理解とご協力をおねがいいたします。

2023.04.25

ご家族の方の院内へのご同伴につきまして(5月8日から)

コロナ禍のため、ご家族がお産に関わっていただくことが困難な状況が続いており、みなさまには大変ご不便をおかけしてまいりました。

このたび、コロナウイルス感染症の法的分類見直しに伴い、院内へのご家族の同伴につきまして、5月8日から下記の通り緩和、再開いたします。

妊産婦、ご家族のみなさまに安心してお産にむきあっていただける環境を守っていけるよう、今後とも努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

<分娩のたちあい>
・分娩室入室から分娩終了の 1時間後まで
・ご家族1名まで
・当日の抗原検査で陰性を確認

<入院中の面会>
・日祝除く 14~16時 15分間程度
・ご家族2名まで(お子様も含む)
・マスク着用、飲食禁止
・2階エレベーター前で患者様にお迎えいただきます。

<外来診療のたちあい>
・マスク着用にご協力をお願いします。
・ご家族2名まで(お子様も含む)
・混雑時は同伴者の方に館外でお待ちいただく場合もございます。ご協力をお願いいたします。

2023.03.13

3月13日以降も院内では引き続きマスクの着用をお願いいたします

2023年3月13日より新型コロナウイルス感染予防のためのマスク着用は、個人の判断が基本となります。
当院では、院内には感染した場合の重賞リスクが高い妊婦さんや新生児などが受信・入院されていることから、3月13日以降も病院訪問時にマスクを着用いただきたくお願い申し上げます。
また、感染予防効果の高い不織布マスクのご使用と、正しいマスクの着用(鼻と口を覆う)にも、ご協力をお願いいたします。
引き続き、発熱(37.5℃以上)、席などの風症状、下痢・嘔吐などの症状のある方は、来院前にご連絡いただきますようお願いいたします。
以上、院内感染防止のためにご協力をお願いいたします。

2023.02.09

2023年7月の分娩予約に関してのお詫びとお願い

平素から当院をご利用いただき、心から感謝申し上げます。

 

新たな時代のニーズに応えるべく、昨年8月、病院開設120年を機に新館に移転し、NICUを新設しました。また、安全な無痛分娩を提供するため、麻酔科医師が24時間対応する体制を整えてまいりました。京都府以外からもたくさんの分娩希望をいただきまして、ありがたいという気持ちとともに、背筋が伸びる思いです。

 

しかしながら、本年7月の分娩予約が、当院でお引き受けできる妊婦さんの数を超えてしまう結果となってしまいました。安心・安全な分娩を行うため、誠に恐縮ではございますが、本日この時間をもって、7月の分娩予約受付を一旦停止させていただきます。ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

※分娩予定日が7月以外の妊婦さんに関しましては、ひきつづきお引き受けしております。ご利用いただければ幸いです。

 

2023.01.01

新年あけましておめでとうございます

足立病院は、昨年創立120周年を迎えました。コロナ感染症が蔓延する中でしたが、無事新病院へ移転し、念願であった未熟児センターも併設しております。また、コロナサポートセンターでは、コロナ感染症妊婦さんにも対応してきました。

 

今年も、新しい病院で新たな気持ちで、皆さんの期待に添えるよう、スタッフ一同取り組んでいきます。121年目の足立病院にご期待ください。

 

スタッフ一同

2022.09.14

9月16日(金)から産婦人科の夜診を再開します

新型コロナ流行第7波を受けて、診療機能を維持するため85日から産婦人科の夜診(17時~)を休止しておりましたが、916日(金)から再開いたします。休止期間中、大変ご不便をおかけしました。

2022.08.24

産婦人科の夜診休止を延長いたします

新型コロナ流行第7波のため、85日より当院の産婦人科の夜診(17時以降の診療)を休止しており、ご迷惑をおかけしております。休止期間は、当初831日までを予定しておりましたが、流行が収まらない状況を鑑みまして、当面の間、夜診の休止を延長いたします。

 

急患につきましては、引き続きお電話にて受付いたします。

 

患者様それぞれにお時間の都合がおありのところ、大変ご不便をおかけすることをお詫び申し上げます。お産の安全を守るため、なにとぞご理解ご協力をお願いいたします。

2022.08.08

病院滞在時間短縮のご協力のお願い

足立病院をご利用いただいている皆さまへのお願いです。

 

皆さんも既にご存知の通り、現在、COVID-19感染症の第7波が、日本、そしてここ京都でも拡大しております。第7波の原因となっているオミクロンBA.5ですが、感染力が非常に高いことが特徴です。そのため、感染の拡大を防ぐためには、人流の抑制が重要となってきます。特に、妊娠女性はCOVID-19感染症のハイリスクとされ、人混みを避けることが不可欠です。

 

そのため、当院としましては、COVID-19感染の落ち着く、当面の間、妊産婦さんの外来受診の頻度、そして入院日数を出来るだけ短くすることで、COVID-19への感染機会を減らしたいと考えます。

 

1) 妊娠中期の外来受診間隔を、可能な限り、2週間→4週間とする

2) 分娩後の入院期間を、経過良好な方に限り、4→3日へ短縮する

 

ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます

2022.07.30

8月5日(金)から夜診を休止いたします

新型コロナウイルスの流行第7波の状況を鑑みまして、当院の診療体制を維持するため、85日(金)から、産婦人科の夜診を休止いたします。期間は831日(水)までを予定しておりますが、状況によって延長する可能性もございます。

急患につきましては、引き続きお電話にて受付いたします。

患者様それぞれにお時間の都合がおありのところ、大変ご不便をおかけすることをお詫び申し上げます。お産の安全を守るため、なにとぞご理解ご協力をお願いいたします。

2022.07.21

患者様ご本人以外の産婦人科への入館を全面的に中止いたします

新型コロナウイルスの流行第7波の状況を鑑みまして、これまで実施しておりました

・妊婦検診、4Dエコーのご家族つきそい
・入院患者様へのご面会
・出産時のご家族立ち合い

を本日721日よりすべて中止とさせていただきます。
また、患者様ご本人以外の、エントランス以外への入館は原則としてご遠慮ください。

大切な周産期に、ご家族にお立会いいただけないことにつきましては、当院といたしましても大変心苦しく断腸の思いでございます。
社会状況が改善すれば、あらためて再開したいと思います。

安心、安全なお産の場を守るために、なにとぞご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2022.06.29

新型コロナウイルス対策を一部変更します(2022/6/29改訂)

新型コロナウイルスの感染状況を鑑みまして、分娩時のご家族様の立ち合い制限を緩和いたします。これまで、分娩前後30分、帝王切開の場合は出生時30分を立ち合い可能としておりましたが、それぞれ2時間に延長いたします。

 

詳細やその他の対策につきましては下記をご参照ください。

 

足立病院新型コロナウイルス対策 (2022年6月29日現在)

rule_for_covid19_220629 

 

患者さま、ご家族の皆さまにはご負担とご不便をお掛けしますが、当院でご出産くださる全ての妊婦さまに安心してお産に臨んでいただけるよう、職員も一丸となって取り組んで参ります。どうぞ引き続きご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

※尚、今後も感染症例の状況により、適宜、対策内容の見直しを行ってまいります。変更の場合は、こちらでお知らせいたしますのでよろしくお願いします。

2022.06.01

新型コロナウイルス対策を一部変更します(2022/6/1改訂)

国の新型コロナウイルス感染防止策の変更を受け、当院の対策も一部改訂となりましたのでお知らせいたします。

 

1月14日以降、患者様本人以外の立ち入りを原則禁止としておりますが、一部緩和いたします。具体的には、妊婦検診、4Dエコーを受けられる場合、出産の立ち合いの場合、入院患者様の面会お見舞いの場合につきまして、成人の同居ご家族様1名のみ時間制限つきの立ち入りを許可いたします。

 

なお立ち入りの際は、玄関にて検温、記名いただくとともに、必ずマスクの着用をお願いいたします。

 

詳細やその他の対策につきましては下記をご参照ください。

 

足立病院新型コロナウイルス対策 (2022年6月1日現在)

 

患者さま、ご家族の皆さまにはご負担とご不便をお掛けしますが、当院でご出産くださる全ての妊婦さまに安心してお産に臨んでいただけるよう、職員も一丸となって取り組んで参ります。どうぞ引き続きご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

※尚、今後も感染症例の状況により、適宜、対策内容の見直しを行ってまいります。変更の場合は、こちらでお知らせいたしますのでよろしくお願いします。

2022.04.28

当院患者様、配偶者様対象 新型コロナワクチン 3回目接種の予約を開始しました

当院の患者様、配偶者様を対象にした、3回目のワクチン接種を57日、14日(土)に実施いたします。

当院でのワクチン接種は、今回以降は予定がございません。

コロナワクチン接種予約専用LINEシステムにてお申し込みください。

 

①当院の診察券をお持ちで、当院他院問わず2回目までをすでに接種された方と、その配偶者様が対象です

②ワクチンは「ファイザー社」のものを使用

2回目の接種から半年以上経過していないと接種いただけません

④自治体から送付された接種券を必ずご持参ください

⑤キャンセルはできませんのでご無理ない日程をご選択ください

⑥万一、体調不良で接種不可になりました場合は、下記専用ダイヤルへ必ずご連絡ください

 

コロナワクチン接種予約専用LINEシステム

 

〇ご確認事項は足立病院ワクチン専用ダイヤル075-221-7438(受付可能時間:月曜日~金曜日の10001600まで)

 

2022.04.14

院内託児とマミスク集いの広場は4月16日(土)まで閉所になります

院内託児と足立病院マミーズスクエア集いの広場は、416日(土)まで閉所となります。

 

ご不便をおかけしますが、ご容赦ください。

2022.04.06

当院にて2回接種済みの患者様、配偶者様の3回目コロナワクチン接種実施のご案内

当院にて12回目の新型コロナワクチンを接種された患者様、配偶者様を対象にした、3回目のワクチン接種を416日、23日(土)に実施いたします。

コロナワクチン接種予約専用LINEシステムにてお申し込みください。

 

①当院の診察券をお持ちで、2回目までを当院で接種された方と、その配偶者様が対象です

②ワクチンは「ファイザー社」のものを使用

2回目の接種から半年以上経過していないと接種いただけません

④自治体から送付された接種券を必ずご持参ください

⑤キャンセルはできませんのでご無理ない日程をご選択ください

⑥万一、体調不良で接種不可になりました場合は、下記専用ダイヤルへ必ずご連絡ください

 

コロナワクチン接種予約専用LINEシステム

 

〇ご確認事項は足立病院ワクチン専用ダイヤル075-221-7438(受付可能時間:月曜日~金曜日の10:00~16:00まで)

2022.02.07

2月24日(木)の産婦人科夜診休診のお知らせ

224日(木)の産婦人科外来は休診となります。

生殖医療センター、小児科は通常夜診ございます。

2022.01.15

新型コロナウイルス感染拡大第6波に伴い、当院では2022年1月17日(月)より、再び外来でのご家族付き添いをいったん中止させていただきます

産婦人科・生殖医療センターの外来診療の際、ご家族1名の付き添いを可能としてまいりました。しかし、コロナウイルスのオミクロン株による爆発的な流行を鑑みまして、誠に残念ではありますが、患者さんのみの入館とさせていただきます。感染状況が落ち着きしたら、あらためて外来付き添いを再開する所存です。ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

※立ち会い分娩は、時間などの制限は設けておりますが、これまでと同様に継続してまいります。

2022.01.04

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

 

2022年、足立病院は創立120周年を迎えました。昨年の電子カルテ導入に続いて、本年夏には新病棟オープンが控えています。コロナ禍もまだまだ予断を許さない状況がづつきますが、本院は変革と躍進のチャンスでもあるととらえ、DX化や、ますます患者様に寄り添える病院を目指してまいります。

 

YouTubeInstagramをはじめとして、発信力も強化していく1年になる予定です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021.11.16

足立病院における新型コロナウイルス対策を一部変更します(2022/1/14改訂)

直近での新型コロナウィルス感染拡大に伴い、当院で取り組む対策について、2022114日現在の当院の対策をお知らせいたします。

 

2022117日より、外来のご家族同伴を一時中止させていただきます

 

当院では周産期において、ご家族への説明のために外来受診時の配偶者様やお子様のご同伴を可能としてまいりましたが、コロナウィルスのオミクロン株による爆発的な流行を鑑み、外来は患者さん以外の院内への立ち入りをすべて不可といたします。まことに心苦しく、ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

その他の対策の内容につきましては下記をご参照ください。

足立病院の新型コロナウイルス対策(2022年1月14日現在)

患者さま、ご家族の皆さまにはご負担とご不便をお掛けしますが、当院でご出産くださる全ての妊婦さまに安心してお産に臨んでいただけるよう、職員も一丸となって取り組んで参ります。どうぞ引き続きご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

※尚、今後も感染症例の状況により、適宜、対策内容の見直しを行ってまいります。変更の場合は、こちらでお知らせいたしますのでよろしくお願いします。

2021.11.08

京都タワー“ティール&ホワイト”ライトアップ点灯式のご案内

足立病院では、昨年に引き続き、世界保健機関(WHO)が実施する「子宮頸がん」抑圧に向けた啓発イベントと連動し、京都のモニュメントを“ティール&ホワイト”にライトアップするイベントの開催とともに、京都タワー・ライトアップの点灯式を行います。

 

1. 点灯式
日時:2021 11 17 () 17:3018:30 18:00 点灯)
場所:京都駅 駅前広場
※京都ハンナリーズ オフィシャルチアダンサー「はんなりん」によるパフォーマンスも
予定しております。

 

2.ライトアップ
① 京都タワー(〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町721−1)
② 二条城(〒604-8301 京都府京都市中京区二条城町541)
③ ワコール新京都ビル(〒601-8506 京都府京都市南区西九条北ノ内町6)
④ 足立病院シンフォニア御池(〒604-0837 京都府京都市中京区 東洞院通り二条下ル)
⑤ 京都信用金庫 QUESTION(〒604-8006 京都府京都市中京区下丸屋町390−2)
⑥ 京都府立医科大学(〒602-8566 京都府京都市上京区梶井町465)
⑦ 学校法人ノートルダム女学院(〒606-0847 京都市左京区下鴨南野々神町 1
⑧ 学校法人聖母女学院(〒612-0878 京都府京都市伏見区深草田谷町1)
⑨ 学校法人瓜生学園 京都芸術大学
(〒606-8271 京都府 京都市左京区北白川瓜生山町2−116)

子宮頸がんイベント

2021.09.19

9月21日(火)から産婦人科、生殖医療センターでのクレジットカードによるお支払いを開始いたします。

9月21日(火)から産婦人科、生殖医療センターでのクレジットカードによるお支払いを開始いたします。

VISAカード」「マスターカード」をご利用いただけます。(デビットカードも引き続きご利用いただけます。)

返金や公費券利用の伴う診療以外を対象といたします。

ご入院費のお支払いにもご利用くださいませ。

2021.09.01

当院妊婦様のコロナワクチン接種実施のご案内

当院妊婦様のコロナワクチン接種について94日(土)より実施させていただきます。

コロナワクチン接種予約専用のサイトより「専用LINE予約システム」にてお申し込みください。当院の診察の折に併せて、接種頂けますように予約のお時間帯を設けております。

 

①ワクチンは「ファイザー社」を使用

1回目接種の3週間後2回目接種日となり併せての予約で、キャンセルはできませんのでご無理ない日程をご選択ください

③万一、体調不良で接種不可になりました場合は、下記専用ダイヤルへ必ずご連絡ください

 

★コロナワクチン接種予約専用のサイト

 

〇ご確認事項は足立病院ワクチン専用ダイヤル075-221-7438(受付可能時間:月曜日~金曜日の10001600まで)

2021.08.11

【ご通院中の皆さまへ】電子カルテ導入に伴うお願い

当院では、病院診療をより一層便利にするべく、デジタル化を進めております。

 

その一環として、913日より、全科において電子カルテを導入することになりました。

 

導入時の診療の混乱などを避けるため、以下の対応をさせていただきたく、お知らせいたします。

 

☆産婦人科

 

913日(月)〜918日(土)

外来予約枠を完全予約制として、この週のみ制限させていただきます

 

913日(月)・14日(火)の夜診を休診とさせていただきます

 

☆生殖医療センター

 

913日(月)〜925日(土)

完全予約診療とさせていただきます

 

913日(月)〜925日(土)

夜診のご予約は18時までに制限させていただきます

 

☆小児科

 

通常通り診療を行う予定です

 

※なお、いずれの科におきましても、緊急の対応を要する患者さまは、この限りではありません。

 

患者さまにはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

電子カルテ導入に伴うお願い 電子カルテ導入に伴うお願い
2021.07.09

【新卒予定者および求職者のかたへ】「京都商工会議所主催 合同就職面接会」に出展いたします

8月7()に開催される、2021年度「京都商工会議所主催 合同就職面接会」に、

足立病院が出展いたします。ぜひお気軽に当院ブースへお越しください。

皆さまとの出会いを、スタッフ一同楽しみにいたしております!

合同就職面接会210807

◆開催日程
2021
87日(土) 13001600
※事前に参加お申込み頂ければ、入退場は自由です。

◆会  場
京都産業会館ホール
(〒600-8565 京都市下京区四条通室町東入 京都経済センター2階)

◆対  象
新卒予定者(大学、大学院、短大、専門学校等の20223月卒業予定者)
及び概ね35歳以下の若年求職者

◆出展企業
京都商工会議所会員企業 50

 

【お申込みについて】

本イベントは、事前申込制です。下記申し込みフォームより、必要情報をご入力の上お申し込みください。

申し込みが完了しますと、入力頂いたメールアドレスに受付完了メールが届きます。

そのメールが参加証となりますので、面接会当日、受付でご提示いただくとともに、お名前をお伝えください。

なお、受付で参加証をご提示頂ければ入退場は自由です。お好きな時間に会場へお越しください。途中退場もOKです。

お申込みフォーム

※その他の詳細や最新情報につきましては、以下のページをご覧ください。

京都商工会議所ホームページ

2021.07.01

『足立病院東洞院パーキング』がオープンしました

本日71()より、『足立病院東洞院パーキング』がオープンいたしました。

24台ご駐車いただけますので、どうぞご利用ください。

 

※なお、これまでご利用いただいておりました、『足立病院間之町パーキング』は

7月4()18時をもちまして、完全閉鎖となりますのでご注意ください。

 

よろしくお願いいたします。

患者様駐車場 患者様駐車場

 

患者様駐車場

2021.06.29

【ご通院中の皆さまへ】新棟建設に伴う『患者様駐車場』移設のお知らせ

この度、足立病院新棟建築の工事着手に伴い、これまで患者さまにご利用頂いておりました

「足立病院間之町パーキング」に代わり、71()より「足立病院東洞院パーキング」

ご用意いたします。

 

◎「足立病院東洞院パーキング」

 

場所中京区東洞院通押小路下る船屋町408番地 (ハートンホテル京都さまの向かい側です)

利用可能台数 : 24

外来患者さまは、精算機にて発行の「利用証明書」を会計窓口でご提示下さい。

外来患者さまに限り「足立病院東洞院パーキング」専用無料駐車券を最大3時間迄発行致します。

 

※なお、「足立病院間之町パーキング」は74()18時までご利用いただけます。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

患者様駐車場

7月1日からの当院駐車場マップです

2021.05.14

「抗原検査を用いた頻回検査によるクラスター抑制に対する実証研究の共同推進に関する協定」を締結いたしました

本日、足立病院,京都市,東京バイオマーカー・イノベーション研究組合(通称TOBIRA)は、「抗原検査を用いた頻回検査によるクラスター抑制に対する実証研究の共同推進に関する協定」を締結、京都市役所にて記者発表を行いました。
高精度な「抗原検査キット」を用いて、頻回に検査を行うことでウイルスの有無を早期に把握、クラスター発生を抑制することを目指し、今回の実証研究の協定締結にいたりました。
京都市内18ヶ所の障害者施設において、600人のスタッフに週2回、2ヶ月に渡って定性的に検査を行う他、在宅重度障害者訪問ヘルパー(1,800)を対象に、体調不良時に検査を行い、自己検査で陽性となった職員は、当院がPCR検査を担当いたします。
会見で門川市長からは、「4月以降、京都市内でも40件近いクラスターが発生している。何とか食い止めるために戦いの毎日。何としても命を守るため、感染をおさえて医療崩壊を防ぎ、クラスターの発生を防ぎたい」と、今回のプロジェクトへの期待が語られました。
TOBIRAの芝崎理事長からは、「PCR検査で判定が出るまでは数時間かかるが、移るのは一瞬。誰でも簡単に、短時間で結果が得られる、抗原検査キットを診断の補助として上手く利用できれば嬉しい」と、抗原検査の優位性が伝えられました。
畑山理事長からは、「医師のもとで検査を行わなくても、いつでも・どこでも・誰でも手軽にできることが重要。“ちょっと調子が悪いかな…”と思った瞬間に検査することで、いち早く見つけ、クラスターの発生を抑えたい」と、医療者の立場から、早期発見の意義が伝えられました。
また、「京都は観光の街。stayhomeしかないのは、あまりに策がない。コロナ禍が長期化するなかで、これから人に来てもらう施策が必要。検温・手洗い・マスクだけでは変異株も増えている現状に対応できず、ある程度の武器が必要。クラスターを発生させないためには、検査を何度もしながら外に出る方向に変えていかないといけないのでは」とも、話されました。
今回、実証研究に用いられるキットは、高精度でありながら、一般の人が頻回に検査しやすい価格帯での実用化を果たした、優秀な製品です。
プロジェクトでの検証を経て、その先には企業や大学での導入など、“京都を支える一手”にも貢献できることを見据え、三者で連携を図り、進めて参りたいと思います。

「抗原検査を用いた頻回検査によるクラスター抑制に対する実証研究の共同推進に関する協定」を締結いたしました

2021.03.30

足立病院から重要なお知らせ③

令和3112日に、当院にて昨年(令和211日~1231日)分娩をされた患者様の統計処理をしている際に、分娩台帳のデータを、誤って一字違いの全く違うGmailアドレスに誤送信した可能性が起こった件での経過報告続報です。

 

京都市、京都府医師会に報告の上、行政からの指導、助言等を現在いただいている状況です。

そして、専門の弁護士に相談し、今回のメールの追跡調査を行っておりましたところ、今般、手を尽くしたものの追跡不能との調査結果が出ました。

誤送信から2か月以上が経過しましたが、明らかな実害などの報告はございません。

何か変化などありましたら、あらためて報告させていただきます。

 

以上、謹んでご報告申し上げます。

 

令和3324

医療法人財団 足立病院

院長 澤田 守男

2021.02.12

足立病院から重要なお知らせ②

令和3112日に、当院にて昨年(令和211日~1231日)分娩をされた患者様の統計処理をしている際に、分娩台帳のデータを、誤って一字違いの全く違うGmailアドレスに誤送信した可能性が起こった件での経過報告です。

京都市、京都府医師会に報告の上、行政からの指導、助言、勧告等を現在いただいている状況です。
そして、専門の弁護士に相談し、今回のメールの追跡調査を行っております。
現時点で、明らかな実害などの報告はございません。
以上、謹んでご報告申し上げます。

 

令和3212
医療法人財団 足立病院
院長 澤田 守男

2021.01.20

足立病院から重要なお知らせ

日頃から、足立病院の活動に深いご理解をいただきありがとうございます。
昨年、足立病院でお産をしていただいた患者様に、ご報告とお詫びがございます。

令和3112日に、当院にて昨年(令和211日~1231日)分娩をされた患者様の統計処理をしている際に、分娩台帳のデータを、誤って一字違いの全く違うGmailアドレスに誤送信した可能性が起こりました。
直ちに、日本語と英語で、当該メールアドレス宛に再度メールを送り、メールを開けずに破棄するよう依頼し、連絡を欲しい旨伝えておりますが、いまだ返事がないため、今回弁護士、京都府医師会、京都市に相談のうえ皆様にご連絡させて頂きました。
分娩台帳には、令和211日~令和21231日までに当院でお産をされた患者様のご氏名、ご年齢、分娩様式、赤ちゃんの出生時体重、無痛分娩・不妊治療の有無、分娩時間など分娩に関する記載がありますが、ご住所や生年月日、電話番号、クレジットカード番号などは記載されていません。
現時点では、当該一字違いのメールアドレスが実在しているのか、そのメールアドレスが実際使われているのか、迷惑メールとして処理されたのか、あるいは開封されたのかなどは、全く不明です。
皆様には、大変なご心配をおかけしまして、誠に申し訳ありません。今後も継続して当該メールの追跡調査をして、皆様の情報が外部に出ることがないように努めると同時に、当院において、このような事態を引き起こしましたことを深く反省し、再発防止に全力で取り組む所存です。

お問い合わせ窓口を設定しておりますので、ご不明・ご不安な点がありましたら、電話あるいはメールでご連絡いただきますようお願いいたします。

 

令和3118
医療法人財団足立病院
院長 澤田守男

 

【お問い合わせ窓口】
電話番号:075-221-7438(平日 9時~17時(祝日除く))
メールアドレス:pt-support@adachi-hospital.com

※誠に恐縮ではございますが、ご連絡は患者さまご本人に限らせていただきます。ご連絡の際、患者さまID番号をご用意ください。メールの場合は、ご記載くださいますようお願い申し上げます。

2020.12.06

【第1回女性と子どもの応援フォーラム】

2020年126日(日)イオンモール京都で「第1回女性と子どもの応援フォーラム」が開催され、畑山博理事長がパネリストとして参加いたしました。会場にはコロナ禍ということもあり、会場への入場人数制限がある中、ネットでのライブ配信でも参加できる形式もとられました。
当院の畑山理事長をはじめ、ハシイ産婦人科副院長の藤井治子先生、musubi助産院院長の塩見直美先生によるパネルディスカッションが行われました。はじめに、このフォーラムのテーマでもある「コロナ禍での不妊治療・妊娠・出産」を軸にそれぞれパネリストが自施設のコロナ対策を紹介。その中でコロナ禍だからと「産むこと」「妊娠すること」を躊躇する必要はないし、そういう体制を国や自治体がサポートしていくことが大切。またコロナ禍の中で安心して生活するための日頃から実践できるコツなども話されていました。その中で畑山理事長は、「女性に子どもも産みなさい、子育てもしなさい、仕事もしなさい、親の介護もみなさい、その全てなんてできない。もっと女性に優しい社会が必要だし、そのために頭を切り替えないといけない。」と話し、また、足立病院では、12月中に院内でpcrの検査から結果まで出せる体制を整える事で、できる限り立ち会い出産が可能となるよう進めていると紹介しました。

第1回女性と子どもの応援フォーラム

第1回女性と子どもの応援フォーラム

第1回女性と子どもの応援フォーラム

2020.11.28

コロナウイルス対策についての改めてのお知らせ(2020.11.28)

直近でのコロナウイルス第三波の急拡大を受け、改めまして現時点の当院での対策を告知させていただきます。
既に患者さまにはご理解・ご協力・ご不便をおかけしておりますが、出産の場を守るためにも引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

コロナウイルス対策

2020.11.13

「ティール&ホワイト」ライトアップイベント開催

来たる1117日(火)、京都のモニュメントや建築物を、子宮頸がん啓発活動のシンボルである、「ティール&ホワイト」カラーにライトアップするイベントを開催します。
また、イベントに際して、京都タワーライトアップの点灯式も企画しております。
17:45〜 京都駅ビル駅前広場にて)
世界保健機構(WHO)で、征圧できる「がん」の一つとされている「子宮頸がん」。
当日は、世界の各地で啓発イベントが開催され、私たち日本・京都からも、アクションを起こします!
ライトアップをきっかけに、身近に感じてもらうことで、より多くのかたに知っていただき、「子宮頸がん」の無い世界を目指していきたいと思います。
ぜひ、点灯式ならびに、ライトアップをご覧いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

「ティール&ホワイト」ライトアップイベント

2020.10.01

「京都府立医科大学組織バンク」への羊膜提供開始

2020年10月より、京都府立医科大学組織バンクへ“羊膜”の提供を開始します。
眼の疾患で悩む方々に、再び光を取り戻す「羊膜移植」。
今後の継続・拡大に向け、当院も微力ながら貢献して参りたい所存です。

☆京都府立医科大学組織バンク
http://www.tissue.kpu-m.ac.jp/index.html

羊膜提供開始

2020.07.26

京都新聞の子宮頸がん予防啓発キャンペーンで井上卓也副院長の記事が掲載されました。

京都新聞が2013年より紙面展開している「京都新聞子宮頸がん予防啓発キャンペーン『“美”自分力発揮』」。
今年第2回目の記事に当院の井上卓也副院長が「子宮頸がん検診の大切さ」のタイトルでお話ししています。子宮頸がんの説明から、予防法や治療法、検診方法についての情報も掲載されていますので、ぜひ皆様もご覧ください。

 

●京都新聞子宮頸がん予防啓発キャンペーンページ

京都新聞子宮頸がん予防啓発キャンペーン

2020.06.02

「足立乳腺クリニック」オープン!

医療法人財団今井会足立病院(所在地:京都府京都市、理事長:畑山博)は、同グループの「沢井記念乳腺クリニック」を、202061日付けで「足立乳腺クリニック」へ名称変更したことをお知らせいたします。

沢井記念乳腺クリニックは、200611月に乳腺専門クリニックとして故沢井清司医師が開設、20108月に産婦人科を中心とした女性ヘルスケアを志向する医療財団法人今井会足立病院グループの一員となり、新藏信彦前院長のもと、乳がん検診・診断・手術・治療といった一貫した乳がんに対する診療体制を整備・提供してまいりました。
このたび、乳がん診療における更なる発展・質向上を目指すため、一般社団法人さがらウィメンズヘルスケアグループ(所在地:鹿児島県鹿児島市、代表:相良吉昭)と業務提携契約を結び、同グループから柏葉匡寛医師が新院長として着任いたしました。
医療財団法人今井会足立病院グループは、「一生涯にわたって女性に寄り添える医療と福祉」を目標に、生殖医療から、妊娠・出産・小児科・保育園にまでその活動を拡げてまいりました。今後は、乳がん治療、腹腔鏡手術センターを通して、全ての女性の健康に寄り添える医療を提供する、トータルウィメンズヘルスケアをサポートするグループを目指したいと考えています。 このたびの名称変更、体制刷新を機に、女性医療の更なる発展に寄与し、より一層の社会貢献を目指してまいります。

2020.05.26

乳がん検診及び4Dエコー外来再開について

新型コロナウイルス感染症でしばらく休止していた「乳がん検診」、「4D超音波外来」を527日(水)から段階的に再開することとしました。休止中は大変ご不便ご迷惑をおかけしましたが、どうぞご活用ください。

 

【注意点】

*京都市の市民乳がん検診につきましては、未だ再開されておりません。再開されましたら再度お知らせいたします。

4Dエコーの日程に関しましてはしばらく①水曜AM、②第13金曜日、③第24土曜日とさせていただきます。ご予約の際にご確認ください。

4Dエコーの付添は当面、ご同居のご主人またはパートナーおひとりのみとさせていただきます。ご了承ください。

2020.03.20

コロナウイルスの感染防止対策についてのお知らせ

すでに報道でご存知の通り、中国・武漢市に端を発した『新型コロナウイルスによる肺炎』の流行が拡大し、本邦でも感染者が発生している状況となっています。
足立病院、同生殖医療センター、同マミーズスクエアなどにおきましては、万が一の感染を防止するために、当面の間、以下の対策を取ることとさせていただきます。

 

【各種教室・説明会の中止】
各種教室関係は当面の間中止させていただきます。これに代わるものを現在鋭意準備しております。準備出来次第、HPなどで周知させていただく予定です。

【面会の制限】
病室・病棟で面会可能な方は、配偶者・ご両親・お子さま、患者さまと一親等のみの方までと限らせていただきます。

【来院時の対策】
37.5度以上の発熱、せき、のどの痛み、関節痛などの症状がある場合の来院はご遠慮ください。
14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、または新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった場合のご来院はご遠慮ください。
③院内においてはマスクの着用をお願いします。ただし、マスク不足の折、誠に恐縮ですがマスクはご持参いただくようお願い申し上げます。
④うがいや手洗いを徹底し、エレベーター前での消毒を何とぞお願い致します。
⑤換気がウイルスの感染機会を減らす事が証明されてます。まだまだ寒いですが、待合などで、外気を入れる予定です。暖かい格好で、おいで下さい。

 

大変ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

Notification on Preventive Measures against 2019 Novel Coronavirus (2019-nCoV) Infection

 

As you may have already heard on the news, the prevalence of “pneumonia caused by the 2019 Novel Coronavirus: Coronavirus Disease 2019 (COVID-19), which was first detected in Wuhan, China, is increasing, and infected people are also present in Japan.

Please be informed that Adachi Hospital, its Center for Human Reproduction, and Mammy’s Square adopt the following preventive measures against 2019-nCoV infection for the time being:

 

[Cancellation of class sessions and explanatory meetings]

All class sessions will be cancelled for the time being. We are preparing for alternative activities, and will inform you of these as soon as they are organized on our websites.

 

[Limitation of visits]

Visits to patient rooms/wards will be limited to patients’ spouses, parents, and children.

 

[Measures to be adopted for visits]

1) Please refrain from visiting the facilities if you have symptoms, including a fever of 37.5°C or higher, coughs, sore throat, or joint pain.

2) Please refrain from visiting the facilities within 14 days after returning from countries with a high prevalence of 2019-nCoV infection or close contact with an infected person.

3) Please wear a mask at all the time inside the facilities. Considering the current mask shortage, we ask you to bring your own mask.

4) Please gargle and wash your hands frequently and thoroughly, and disinfect your hands in front of the elevator each time.

5) Ventilation has been proven to reduce the risk of viral infection. Although it is still cold, some spaces in the facilities, such as waiting rooms, will be ventilated. Please wear clothes that keep warm.

 

We are sorry for the inconvenience, but your understanding and cooperation would be very much appreciated. Thank you.

关于采取防范新型冠状病毒感染措施的通知

 

众所周知中国武汉市发生的“新型冠状病毒肺炎”正在不断传播和扩散,近日日本国内也逐渐出现感染患者。对此,足立医院、同院生殖医疗中心以及同院Mammy’s Square (妈妈广场)等为了防止感染,近期内将采取以下防范措施。

 

【中止各类指导教室和说明会】

近期内中止开办各类相关指导教室。本院目前正在精心准备替代方法。准备就绪后将在官网上予以通知。

 

【限制探视】

仅限配偶、夫妻双方的父母以及孩子可进入病房、病房楼探视住院患者。

 

【来院时的防范须知】

①发烧37.5度以上、伴有咳嗽、喉咙疼痛、关节疼痛等症状者请勿来院。

14天内从新型冠状病毒感染病症的流行地区回到日本,或与新型冠状病毒感染者有密切接触者请勿来院。

③院内请配戴口罩。院内口罩不足时,请协助自行携带口罩。

④请严格实施漱口和洗手,乘坐电梯时请务必进行消毒。

⑤根据证明换气可有效降低病毒感染几率,所以院内候诊室等处将实施开窗换气。

气温尚低,来院时请调整服装,注意保暖。

 

不便之处,敬请谅解。非常感谢您的协助。

2020.03.07

出生前検査説明会対応について

この度は、新型コロナウイルス感染症の影響で本来であれば皆さまにお集まりいただき、説明会を開催しておりましたが、その代替え案として、動画での視聴とさせていただくこととなりました。

動画視聴は有料となっており、また再生時にパスワードが必要となります。

出生前検査説明会動画につきましては、月曜日~土曜日の9001700にてお問い合せください。

2020.01.18

畑山理事長記事掲載

「週刊日本医事新報 2020/01/18 No.4995」に畑山博理事長の記事が掲載されました。日本医事新報の「医療界を読み解く【識者の眼】」という項に「#想定外 実は、想定したくなかったのでは?」というタイトルで掲載されています。

 

下記サイトにあるPDFで閲覧できますので、ぜひご覧ください。

日本医事新報20200118

日本医事新報1-1

2020.01.15

無痛分娩検討会

本日の院内勉強会は「無痛分娩検討会」でした。昨年の当院での無痛分娩件数は334件。麻酔科医笠井 馨美先生と渡邉 美貴先生による発表でした。産婦人科医、助産師、そして麻酔科医とチーム医療の体制づくりの必要性や昨年以上に増えるであろう無痛分娩のニーズに対応しながらも安心・安全な無痛分娩が行えるよう参加したスタッフからも様々な意見が出ていました。

無痛分娩検討会

2020.01.01

新年明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。

 

2019年は4月より足立病院7代目院長に澤田守男院長が就任し、足立病院3代目理事長に畑山博理事長が就任。足立病院の新体制がスタートした年でもありました。

 

2020年は生殖内分泌医療センターに導入した最新の培養器(インキュベーター)の本格稼働や三菱京都病院との不妊外来の連携など。子育て支援、社会福祉法人の取り組みとしては京都市や子ども宅食応援団と協力して、支援が必要な子育て世帯に食品などを届ける「京都子ども宅食プロジェクト」の本格始動など、これまで以上に足立病院グループで様々な取り組みを進めてまいります。

 

京都新聞折り込み「週刊トマト&テレビ京都」新年13日号で畑山博理事長が昨年の総括と新年の足立病院の取り組みについて語っていますので、ぜひご覧ください。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

T&T 記事1月3日号

2019.12.12

京都教育大学付属京都小中学校で畑山博理事長が講演を行いました。

2019年12月12日(木)京都教育大学付属京都小中学校で畑山博理事長が講演を行いました。この小学校に通われているお母さんを対象に「女性ホルモンと女性の一生(妊娠・出産から更年期まで)」のタイトルでお話ししました。男性・女性の性について、ホルモンの身体における役割や更年期障害についてなど、妊娠から出産、更年期まで女性の一生を巡りながら女性の身体の変化について説明しました。講演後は、お母さん方からの質問もあり、皆さんメモを取ったりされていました。

2019.12.11

「京都こども宅食プロジェクト」の畑山博理事長が協定締結式に出席しました。

2019年12月11日(水)京都市市役所内で、あだち福祉会が主体となる「京都こども宅食プロジェクト」の協定締結における共同記者会見が行われ、社会福祉法人あだち福祉会代表として畑山博理事長が出席しました。

この事業は、社会福祉法人あだち福祉会が主体となって京都市、一般社団法人こども宅食応援団と連携し、生活保護や就学援助を受けておられる子どもがいるご家庭に食品を届ける取組です。

政令指定都市では初となる取組で京都の子どもたちに向けた新たな試みがスタートいたします。

2019.11.22

畑山理事長がラジオカフェに出演しました。

11月22日放送のラジオカフェ(FM79.7)の「京からGreenコミュニケーション!」に畑山博理事長がゲスト出演しました。今回は「子都京都を目指してUターンしよう!」のタイトルで、日本の都市の中でも特に進んでいる京都の少子化。一方ではオーバーツーリズムの状態が続いている京都。そんな京都の少子化対策を真剣に考えさせられる内容です。ぜひ下記サイトよりお聴きください!

2019.11.19

毎日新聞が発刊する「Anetis 冬号」に澤田守男院長が掲載されました。

毎日新聞が発刊する「Anetis 冬号」に澤田守男院長が掲載されました。「Anetis」は妊娠中のお母さんに充実したマタニティライフを送るための情報誌になります。その中で当院澤田守男院長が無痛分娩に関してお話ししています。一般的な無痛分娩のことをわかりやすく説明しています。全国の病院に設置されるフリーペーパーですので、ぜひ手に取ってご覧ください。

記事PDF
19冬号_frontline2

2019.11.18

京都新聞の記事に井上卓也副院長が掲載されました。

京都新聞の「健康美人・京都新聞子宮頸がん予防啓発キャンペーン」で当院の副院長であり、京都産婦人科医会理事も務める井上卓也先生が掲載されました。子宮頸がんの原因と症状、予防法や治療法などをお話ししています。

2019.11.16

「京都やんちゃフェスタ2019(第2部)」が開催されました。

2019年11月16日(土)京都市勧業館みやこめっせで「京都やんちゃフェスタ2019(第2部)」が開催され、当院は乳がん検診啓発のブースを出展しました。今回も「やんちゃフェスタ」以外に「市民すこやかフェア」や「消費生活フェスタ」などいくつものイベントが同時開催され、会場には子ども連れのご家族をはじめ、様々な年代の方が来場されていました。当院のブースでは乳がん検診の啓発のためのパンフレット配布やポスター掲示、乳房触診モデルを使用しての自己検診レクチャーなども行いました。また、会場の視察に訪れた門川大作京都市長にも触診モデルに触れていただきました。

2019.11.09

第12回「リビングマタニティコンサート」

2019年11月9日(土)「第12回リビングマタニティーコンサート」が京都コンサートホール(小ホール)で行われ、とても暖かく天気の良い日でした。

第1部のマタニティートークでは今回初めて澤田守男院長が出演し、ゲストにタレントとして活躍中で、鉄道ファンとしても有名な斉藤雪乃さんとのトークライブでした。
妊娠中の日常生活で気を付けたいことや産前産後の身体のこと、精神面でのこと、また食事など、斉藤さんは実体験をお話しされ、澤田院長は医学的な部分とお父さん目線でのお話に会場も和やかな雰囲気で皆さん聞かれていました。

第2部の「マタニティコンサート」は、京都フィルハーモニー室内合奏団による「マタニティコンサート」。クラシックの名曲から童謡など心休まる音色に会場の雰囲気もうっとりしていました。

2019.11.05

門川大作京都市長と共汗する「子都(こと)」の会令和元年度総会・懇親会が開催されました。

2019年11月5日(火)当院畑山博理事長が会長代理を務める門川大作京都市長と共汗する「子都(こと)」の会令和元年度総会・懇親会が開催されました。今年度の活動報告から始まり、忙しい公務の中、門川大作市長も駆けつけ、京都市の運営状況などを報告されていました。また、琴や尺八の演奏、「アンサンブルクレール」の皆さんによる唄の披露もあり、集まった約750名の児童館、保育園その他子育て支援関係者の方々も大変盛り上がった総会でした。
当院畑山博理事長も中締めの挨拶をさせていただき、今の京都を変えるため少子化対策が急務であり、京都を本当の「子都」にしなければならないと門川市長への激励の言葉としてお話しいたしました。

2019.10.31

大阪にある小阪産病院の先生方が病院見学にお越しくださいました。

今日は大阪にある小阪産病院の竹村秀雄理事長をはじめとした先生方が当院の病院見学にお越しくださいました。当院の行う麻酔科医による無痛分娩にご興味を持たれ、畑山博理事長が説明しながら産婦人科病棟や外来、小児科や不妊治療施設などをご見学いただきました。

2019.10.21

読売テレビ「BEAT ~時代の鼓動~」畑山博理事長テレビ出演

10月20日の日曜日に放送された読売テレビ「BEAT ~時代の鼓動~」に畑山博理事長が出演しました。
足立病院の始まりから「もう一人産みたいと思えるお産を提供する」という病院理念。また、女性の一生に寄り添える病院として、小児科や不妊治療センターだけでなく子育て支援センターや保育園開設に至るまでの畑山理事長の思いを語っています。

下記サイトより放送を閲覧できますので是非ご覧ください!

読売テレビ「BEAT ~時代の鼓動~」

http://www.ytv.co.jp/beat/

2019.10.19

ピンクリボンセミナー2019

2019年10月19日(土)ウイングス京都セミナールームでピンクリボンセミナー2019が行われ、畑山博理事長が講演とトークセッションに出演しました。始めにピンクリボン京都実行委員長である京都府立医科大学内分泌乳腺外科教授の田口哲也先生の講演の後、ピンクリボン京都副実行委員長畑山博理事長による「産婦人科と乳がん」の講演があり、続いて畑山理事長、田口先生、JAZZシンガーのMAKOTOさんやスポーツコメンテーターでシンクロメダリストの奥野史子さん、そして京都府、京都市職員の方も含めてのトークセッションがありました。トークセッションでは、会場からの質問に答える形で、それぞれの立場からお話しされていました。乳がんに対する最新の情報もあり会場ではメモを取っている参加者も多くみられました。

2019.10.16

院内研修会「生殖補助医療の現状とこれから 特に着床前診断について」

今日の研修会は徳島大学病院産婦人科准教授の桑原 章先生による「生殖補助医療の現状とこれから 特に着床前診断について」をお話しいただきました。医師や助産師、看護師、事務も含め沢山のスタッフが参加しました。現在の生殖補助医療の現状を徳島大学病院での臨床経験と論文や統計データなどを用いて非常にわかりやすくご説明いただきました。また、着床前診断の特別臨床研究など、専門的な部分についてもご紹介いただきました。

2019.10.02

院内研修会「院内感染対策について」

今日の院内研修会は杏林製薬様による「院内感染対策について」。研修会には医師や助産師、看護師、事務スタッフなどたくさんの職員が参加しました。感染経路として飛沫感染や空気感染の違い、くしゃみによる飛散映像などで説明いただきました。また感染対策として様々な標準予防策の紹介、手指衛生の徹底が必要であるなどもお話しいただきました。

2019.09.24

澤田守男院長が同志社女子大学で講義を行いました。

9月24日(火)同志社女子大学京田辺キャンパスで当院澤田守男院長が講義を行いました。看護学部の学生さんを対象に「婦人科の腫瘍性疾患① 〜婦人科骨盤解剖と子宮頸がん」のタイトルで、女性の解剖、子宮頸がんの診断・治療・予防、ワクチンのいま、oncofertility(オンコファティリティ)に関しての内容でお話ししました。学生の皆さんは、それぞれ真剣な表情で聴講されていました。

2019.09.21

ピンクリボンセミナー2019のご案内

2019年10月19日(土)ピンクリボンセミナー2019がウィングス京都で行われます。ピンクリボン京都副実行委員長の畑山博理事長も「産婦人科と乳がん」というタイトルで講演を行います。その他にはピンクリボン京都実行委員長で京都府立医科大学内分泌・乳腺外科教授の田口哲也先生、ジャズシンガーのMAKOTOさんの講演、畑山理事長や田口先生、MAKOTOさんに奥野史子さんを加えた4名でのトークセッションもありますので、ぜひご参加ください。

日時は2019年10月19日(土)13時30分~16時00分(13時00分開場)、場所はウィングス京都2Fセミナー室です。入場は無料(事前申込 先着110名)です。お申し込み方法やお問い合わせなどは下記ピンクリボン京都様のHPよりご確認下さいませ。

◎ピンクリボンセミナーURL
http://pinkribbon-kyoto.jp/2019/seminar2019.html

2019.09.09

消費税率10%増税に伴う料金改定のお知らせ

2019年10月1日より消費税法改定により消費税率が10%に引き上げられます。これに伴いまして当院でも外来時や入院・退院時などで、お会計の料金が変わります。

患者様におかれましては、誠に恐縮ですが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2019.09.04

「m3.com」に畑山博理事長の記事が掲載されました。

日本最大級の会員制医療従事者向けポータルサイト「m3.com」に畑山博理事長の記事が掲載されました。2回にわたる連載で、1回目は足立病院の成り立ちや6代目院長職を引き受けた際のエピソード、院長就任当時の目標や実現するために行った工夫などをお話ししています。

また、2回目は足立病院の子育て支援の取り組み紹介や御所の杜ほいくえんを開園するまでの経緯、理事長就任後のこれからのビジョンなどをお話ししています。

下記PDFより記事内容を閲覧できますので、ぜひご覧ください。
また、「m3.com」のログインIDをお持ちの方は、下記URLからもご覧いただけます。
☆記事PDF
m3.com記事1回目
m3.com記事2回目

★m3.com掲載サイトページURL
●記事1回目:https://www.m3.com/news/kisokoza/684119 ●記事2回目:https://www.m3.com/news/kisokoza/684120

2019.09.03

当院の勉強会で西郡秀和先生にご講演いただきました。

2019年9月3日(火)福島県立医科大学ふくしま子ども女性医療センター教授の西郡秀和先生に「周産期メンタルヘルスの最近の話題、そして障がい児の親としての海外経験」のタイトルでご講演いただきました。当院の医師をはじめ、看護師や助産師、あだちほいくえんの保育士などが参加しました。西郡先生ご自身が経験されたカナダ留学時の海外福祉のお話から始まり、先生の専門である周産期医療の事もお話いただき、東日本大震災を契機に周産期のメンタルヘルスケアに興味を持たれ、月経困難症とうつ・不安障害のリスクや産後うつと児童虐待との関係性、妊婦さんだけでなく父親対象のメンタルヘルスケアの必要性など、先生の研究内容もご紹介いただきました。

2019.08.28

当院が専門医制度研修施設に認定されました。

この度2019年9月1日より、当院が一般社団法人日本女性医学学会より「日本女性医学学会専門医制度認定研修施設」として承認されました。
また、併せて澤田守男院長が女性ヘルスケア暫定指導医に認定されました。

当院はその他にも「着床前診断実施施設」や「医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)の凍結・保存に関する施設」、「日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設」「生殖医療専門医制度認定施設」など様々な認定施設、研修施設でもあります。

2019.08.17

プレイ!シアター in SUMMER2019開催!

2019年8月17日、18日と当院がスペシャルサポーターとして特別協賛しております「プレイ!シアター in Summer 2019」がロームシアター京都にて開催されました。17日の今日は天気も良く快晴でたくさんの方が来場されました。

「0歳から楽しめるオーケストラのコンサート」も大変な盛り上がりで、1曲目のスターウォーズが始まるとそのオーケストラの大迫力に参加された子どもたちだけでなく大人も圧倒されていました。

足立病院のブースでは、「赤ちゃんとふれあい体験」というコーナーで、赤ちゃん人形のおむつを替えたり抱っこしたりと小さなお子さんも自分の弟や妹みたいに頑張っている姿になごまされました。

第1部コンサート終了後は、ロームシアター京都の中庭にてフラッシュモブが行われ、色々な所から演奏者が集まり最終的にサプライズコンサートに変わっていく様に、休憩されていた方や通りがかりの人たちも足を止めてカメラを向けたり音楽に聞き入っていました。

13時からは当院畑山博理事長とヴァイオリニストであり京都市交響楽団コンサートマスターの泉原隆志さんとのトークイベント「あそびとアートとこどもたち」が行われました。司会・進行はKBS京都放送の竹内弘一アナウンサーがされ、泉原さんの音楽との出会いや音楽に触れたきっかけなどを話し、また畑山理事長はお腹の赤ちゃんによい音楽は母親にとって心地よい音楽と語るなど、楽しくそして実りある内容のトークでした。

このイベントは明日18日も行われます。1日目とはまた違ったプログラムもありますので、皆様ぜひご参加ください。

2019.08.10

合同就職面接会(職種:医療事務)に出展しました。

8月10日(土)京都商工会議所主催の合同就職面接会が京都産業会館ホールで行われ、当院もブース出展しました。会場は67社の企業が出展しており、新卒者、既卒者などたくさんの人が参加されていました。当院ブースでは主に新卒医療事務をメインに病院紹介や医療事務の仕事内容など色々とお話をしました。

2019.06.14

畑山博理事長が京都府立医科大学看護学科の学生さんに2回目の講義を行いました。

2019年6月14日京都府立医科大学看護学科の学生さんが当院で2回にわたる畑山博理事長の講義に出席しました。今日はその2回目です。女性の身体と女性ホルモンの関係性、妊娠の仕組みから不妊治療の話まで幅広く説明。また、女性特有の病気などの話もあり、学生さんの多くはメモを取りながら真剣に聞いていました。

2019.06.07

6月の京都新聞週刊トマト&テレビ京都の掲載記事

毎月第1金曜日には京都新聞の週刊トマト&テレビ京都に当院の記事が掲載されています。今月は畑山博理事長による足立病院の取り組みのこれまでとこれから。またマミスクや病児保育園こだち、あだちほいくえんや御所の杜ほいくえんなどの子育て支援施設の設立など、医療・福祉を超えた「街づくり」を目指す取り組みを紹介しています。ぜひご覧ください。

2019.06.07

畑山博理事長が京都府立医科大学看護学科の学生さんに講義を行いました。

京都府立医科大学看護学科の学生さんが、当院で2回にわたって畑山博理事長の講義を受講します。2019年6月7日の今日はその1回目です。周産期医療の現状やこれからの助産師としての役割などスライド形式で説明。臨床現場のリアルな話もあり、学生さん達は真剣に話を聞きいていました。

2019.05.03

畑山理事長テレビ出演のご案内

KBS京都の「比叡の光」というテレビ番組に畑山博理事長がゲスト出演します。足立病院の目指すもの、京都の少子化、育児支援などについて私見も交えながら語っております。放送日時は各放送局で異なりますが、京都放送(KBS)では5月5日(日)と翌週の12日(日)いずれも8:45~9:00と2週にわたって放送されます。皆様、ぜひご覧ください!なお、他の放送局での放送日時は下記サイトをご確認ください。
https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/hiei/

2019.04.09

ゴールデンウィークの各科診療案内について

ゴールデンウィークの各科の診療案内について掲載の通りお知らせいたします。

なお、4月29日(月)~5月6日(月)までの診療につきましては、『休日・深夜加算』が発生するため、外来診療のお会計が通常診療帯よりも割高になる事をご承知おき下さい。(この加算には健康保険が適用されます)

2019.04.05

中国医師団の当院見学

2019年4月5日(金)当院の関連施設である鹿児島県の相良病院より中国の医師団が当院の病院見学に来られました。畑山理事長、澤田院長、白岩看護部長が各施設をご案内し、最後に当院の紹介と記念撮影を行いました。

2019.04.01

2019年度 足立病院入職式

少し寒さが残る今日、2019年度足立病院入職式を行いました。今年度は助産師や看護師、事務など18名が入職しました。そして、この4月1日より、足立病院6代目畑山博院長が当法人の理事長となり、新たに7代目院長として澤田守男院長が就任しました。入職式はその澤田院長のあいさつから始まり、辞令交付、新入職員の決意表明、各副院長のあいさつがあり、最後に閉会の辞として畑山理事長のお話で締めくくりました。

新入職員の皆さんは、少し緊張した面持ちでしたが、最後は新入職員や先生方と笑顔で記念撮影を行いました。

2019.03.23

市民公開フォーラム「安心な無痛分娩のために 〜お産の麻酔を専門とする麻酔科医と考える〜」を開催しました!

3月23日(土)「安心な無痛分娩のために~お産の麻酔を専門とする麻酔科医と考える~」が、京都新聞文化ホール(京都新聞社7階)で開催されました。
妊婦さんだけでなく、お孫さんの誕生を心配するおばあさんと娘さん、初めての出産を迎えるご夫婦、そのほかにも女性だけでなく非常に熱心に耳を傾けている男性もおられました。講演では、名古屋市立大学麻酔科周産期麻酔部門教授 田中 基(もとし)先生と当院麻酔科医 渡邉美貴先生が無痛分娩についてわかりやすく、それぞれの視点からお話ししていただきました。その後のパネルディスカッションでは、事前に受けていた疑問や質問のほか、当日にスマホから受けた質問に、畑山博院長を含めた3名の先生方が熱心に答えていました。一緒に来ていた子どもさんたちも、お土産を手にして嬉しそうに手を振ってくれました。