⑥妊婦さん対象の新型コロナPCR検査導入

足立病院としては、お母さまと赤ちゃんを守るため、さらに京都のお産の場所を守るため、分娩前(妊娠38週ごろ)、すべての妊婦さまに新型コロナPCR検査を受けていただき、陰性であること確認したうえでお産に当たらせていただくこととしております。

 

①PCR検査は当院で分娩の妊婦さま全員を対象として実施します。
妊娠38週前後で、お産が近い方が対象です。
切迫流早産などで入院される妊婦さまも対象となります。
④検査のサンプルは、本館2階にて唾液採取し、検査会社に依頼します。
⑤結果は、マイナスの場合、翌日か翌々日には判明します。
⑥費用は、現時点では自費で2万円。(※京都市在住の患者様においては、のちに公費で戻ってくることになりましたので、領収書を残しておいてください。)

 

注1 PCR検査では、偽陰性(ウイルスを持っていても、検査で陰性に出る)が有ることをご理解ください。

注2 PCR検査後、分娩までに少し時間があり、この間の感染を少しでも減らすため、陰性と分かった患者さまは、なるべく自宅にいてください。

注3 切迫流早産などで入院される場合の費用は、上記とは別になります(保険適用)。