乳がん検診と新型コロナワクチン接種との間隔について

新型コロナワクチン接種後の副反応として、わきの下のリンパ節の腫れが報告されています。これは良好な免疫反応を獲得している兆候で心配はございませんが、乳がん検診のマンモグラフィや超音波の画像診断に影響を及ぼすことがあります。
日本乳癌検診学会から「乳がん検診にあたっての新型コロナウイルス感染症への対応の手引き」が示され、検診はワクチン接種前に行うか、2回目ワクチン接種後6週間~10週間の間隔をおいてから行うことが推奨されています。そのため、検診希望の方は受診日の調整をお願い致します。調整が困難な場合、ワクチン接種時期と接種部位の確認をさせていただきますのでご協力をお願いいたします。
なお、自覚症状がある方や経過観察中の方は期間を気にすることなく、乳腺外科をご受診ください。