足立病院

今はがん治療を優先したい。でも、将来赤ちゃんがほしい。

HOPE FOR THE FUTURE

今はがん治療を優先したい
でも、将来赤ちゃんがほしい。

がんに対する飛躍的な医療技術の進歩によって、がんを完全に克服される患者様が増えています。抗がん剤はがん・悪性腫瘍の治療に大変効果を発揮する反面、精子や卵子が重大な影響を受け、将来の妊娠が難しくなるケースがあります。また、治療が長期間に及ぶことも多く、女性の場合生殖適齢期を過ぎてしまうこともありえます。
足立病院で抗がん剤治療前の精子、未受精卵子、受精卵の長期保存をされれば、がん治療後の妊娠出産の希望へとつなげることができます。

はじめに

将来の可能性を諦めないでください。

がん・悪性腫瘍という診断をうけて、ショックが大きいことと思います。現在の状況を受け入れるだけでも大変だと思います。その上で、治療後の人生・家族計画まで考えなければならないという時間的にも余裕がない状況ではありますが、足立病院では正確な情報を適格にお伝えして、最新の不妊治療技術を提供させて頂きたいと考えています。
治療後の人生で、希望の光になるかもしれない将来の家族計画について、最善の選択へのお手伝いをさせてください。

治療について

精子凍結

若年男性に抗がん剤や放射線治療を行う前に精子を採取し凍結保存します。精子は、凍結すると半永久的に保存できます。使用する際には、融解(解凍)して奥様(パートナー)から採取した卵子に精子を注入して受精させます。できた受精卵を女性の子宮に移植します。保存期間は1年間として、以後1年毎に更新の意思を確認させていただきます。

未受精卵子・受精卵凍結

人間が妊娠できる可能性を「妊孕性」といいます。妊孕性を温存する方法として、卵子(未受精卵)もしくは胚(受精卵)を凍結保存することが生殖医療技術の進歩によって可能になりました。未婚の方は卵子凍結、既婚の方は胚(受精卵)凍結が原則です。
通常、体外授精、胚移植などの治療は、結婚しているご夫婦を対象とした医療行為ですが、悪性腫瘍治療予定の未婚の方に対しては、妊孕性温存のため、卵子(未受精卵)凍結保存を行っています。卵子凍結保存のための排卵誘発、採卵の方法は、足立病院で行っている通常の体外受精の手技に準じています。原疾患の治療終了後、妊娠を希望された時点での主治医の妊娠許可を条件に、凍結保存していた卵子を融解し、顕微授精という方法で授精させます。胚(受精卵)を体外で培養した後、子宮内に移植します。
(※卵子採取、凍結には原疾患の主治医の了解が必須条件です。)
日本産婦人科学会によると、卵子凍結出産成功率は約10%とされていいます。統計学的には10個卵子を凍結して出産できない確率は35%、20個凍結して出産できない確率は12%といわれています。

年齢制限

原則として満45歳の誕生日までとさせていただきます。

保存期間

凍結より1年単位での更新手続きが必要です。未受精卵子の保存は、満50歳の誕生日までとします。また、卵子の凍結保存は下記のいずれかの場合に該当した場合に終了します

  • 凍結保存期間の満了時までに、更新申請が無く、連絡がつかないとき
  • ご本人の死亡、または満50歳に達したとき
  • ご本人から保存の終了、凍結卵子の破棄の申し出があったとき

治療の流れ

既婚の方 [受精卵凍結]

排卵誘発

注射や内服薬で複数の卵胞を育てる

採卵

卵巣に針を刺し卵子を回収する

体外受精(顕微授精)

受精卵の凍結保存

妊娠を希望されたときに凍結受精卵を
融解し胚移植

未婚の方[卵子(未受精卵)凍結]

卵巣刺激

採卵

未受精卵の凍結保存

妊娠を希望されたときに凍結卵子を
融解・採精(パートナーの精子が必要)

体外受精(顕微授精)

胚移植

原疾患の主治医からの医療情報提供のお願い

妊孕性温存の方法を選択するために、がんの種類、進行度、治療方法、治療開始時期、採卵可能な全身状態かを記入した紹介状をお持ちいただきますようお願いします。

がん治療と妊娠についての
お問い合わせ

生殖内分泌医療センター

075-253-1382