PROMISE ENHANCED SUPPORT AND
FINE TREATMENT

上質な治療と充実の
サポートをお約束します。

足立病院では、年間約1,000件の不妊治療による妊娠、そして年間約1,600人の新しい生命が誕生しています。
不妊治療は決して特別なことではありません。「今」だけでなく「これから」も考えて、ライフサイクルの一部分として向きあってください。足立病院がご夫婦の願いの実現に向けて全力でサポートします。

上質な治療と充実のサポートをお約束します。上質な治療と充実のサポートをお約束します。

治療内容

不妊検査

検査によってお身体の状態、原因がどこにあるのかをお調べします。

一般不妊治療

タイミング療法などの一般的な治療方法で「自然妊娠成立」を目指します。東洋医学(鍼、漢方)、運動療法などを用いた不妊体質改善により妊孕性(妊娠できる基本的な能力)の回復も並行して行ないます。

人工授精( A I H )

一般的にはタイミング療法の次のステップとして行います。精子洗浄法を行い、精子と精子洗浄培養液の混合液を子宮内に注入します。5~6回目の人工授精までに妊娠できなかった場合は次のステップへの検討もはじめます。人工授精による胎児異常発生率は、自然妊娠と同じ確率です。

人工授精の種類/タイミング療法と人工授精のスケジュールを見る
人工授精の種類について
人工授精の種類について

洗浄濃縮人工授精

精液には子宮の収縮を促す物質(プロスタグランティン)や残滅した精子・雑菌が含まれ人工授精後の腹痛や発熱の原因になります。これらを取り除くために洗浄・濃縮し、運動している精子を抽出し、子宮内に注入します。
足立病院では、月~土曜日の9:00~11:00の予約制で実施しています。

費用

17,000円(税抜)

自然人工授精

洗浄・濃縮の処理はせずに、採取した精子を1ccほど子宮内に注入します。
足立病院では、月~土曜日の9:00~11:00/14:00~15:00/17:00~18:00の予約制で実施しています。

費用

12,000円(税抜)
  • 薬局での薬代や人工授精前後の診察費は上記料金には含まれません。
  • 人工授精前の採精はご自宅(夫の来院は不要)でも、足立病院内の採精室(夫の来院が必要)でもどちらでも可能です。採精前は2~3日の禁欲期間があると良いでしょう。
タイミング療法と人工授精のスケジュールについて

表はピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小してご覧ください。

タイミング療法と人工授精のスケジュールについて
  • 卵胞発育の状況により、上記スケジュールの日程が変更になったり、診察回数が増える場合があります。
  • 人工授精においては、排卵誘発剤や黄体ホルモン製剤を使用することがあります。
人工授精の種類を見る
人工授精の種類について
人工授精の種類について

洗浄濃縮人工授精

精液には子宮の収縮を促す物質(プロスタグランティン)や残滅した精子・雑菌が含まれ人工授精後の腹痛や発熱の原因になります。これらを取り除くために洗浄・濃縮し、運動している精子を抽出し、子宮内に注入します。
足立病院では、月~土曜日の9:00~11:00の予約制で実施しています。

費用

17,000円(税抜)

自然人工授精

洗浄・濃縮の処理はせずに、採取した精子を1ccほど子宮内に注入します。
足立病院では、月~土曜日の9:00~11:00/14:00~15:00/17:00~18:00の予約制で実施しています。

費用

12,000円(税抜)
  • 薬局での薬代や人工授精前後の診察費は上記料金には含まれません。
  • 人工授精前の採精はご自宅(夫の来院は不要)でも、足立病院内の採精室(夫の来院が必要)でもどちらでも可能です。採精前は2~3日の禁欲期間があると良いでしょう。
タイミング療法と人工授精のスケジュールを見る
タイミング療法と人工授精のスケジュールについて

表はピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小してご覧ください。

タイミング療法と人工授精のスケジュールについて
  • 卵胞発育の状況により、上記スケジュールの日程が変更になったり、診察回数が増える場合があります。
  • 人工授精においては、排卵誘発剤や黄体ホルモン製剤を使用することがあります。

A R T(補助生殖技術)

IVF(体外受精)、FT(胚移植)を始め、ICSI(顕微授精)、AHA(アシステッドハッチング)、胚盤胞培養、胚凍結などの技術を導入しています。適切な時期に患者様にあった方法のご提案によって好成績をおさめています。

A R T関連費用について見る
A R T関連費用について
( 個人により料金に変動があります。)
図はピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小してご覧ください。
従来法授精とは?
1つのスピッツの中に精子と卵子を入れて精子を自力で卵子の中に侵入させます。
顕微授精とは?
細い針を用いて1つの精子を直接卵子に注入します。
胚盤胞胚移植とは?
初期胚よりもさらに発育させて胚盤胞になってから移植します。
胚盤胞胚移植とは?
初期胚よりもさらに発育させて胚盤胞になってから移植します。
排卵できなかった場合とは?
排卵のタイミングが合わなかった場合など。

図内の用語についてはこちら

※1 排卵できなかった場合
排卵のタイミングが合わなかった場合など。
※2 従来法授精
1つのスピッツの中に精子と卵子を入れて精子を自力で卵子の中に侵入させます。
※3 顕微授精
細い針を用いて1つの精子を直接卵子に注入します。
※4 胚盤胞胚移植
初期胚よりもさらに発育させて胚盤胞になってから移植します。
【費用例】自然周期採卵・従来法授精・新鮮胚移植(総額)
採卵までの薬剤費用・
診察・検査等
15,000円※個人により異なります
採卵 35,000円
従来法 60,000円※胚盤胞培養の場合
+30,000円
胚移植 50,000円
合計 160,000~190,000円
【費用例】誘発周期採卵・従来法授精・凍結胚移植(総額)
採卵までの薬剤費用・
診察・検査等
50,000円程度
採卵 55,000円
麻酔費用 20,000円
従来法 160,000円
胚凍結 22,500円~
凍結胚融解 30,000円
胚盤胞培養 30,000円
胚移植 50,000円
合計 417,500円~

不育症治療

検査を受けていただき原因を探します。原因の特定ができた場合には、薬物・手術によって治療します。不育症の場合原因不明の場合も多く、「妊娠しやすい体質」に変えるために、日頃の生活習慣の見直しと適度な運動も取り入れます。

腹腔鏡検査

お腹に何箇所か小さな穴をあけ、そこから内視鏡や鉗子を入れてお腹の中を直接観察する検査方法です。体に負担の少ない方法ですので、安心して検査を受けていただけます。

FT(卵管鏡下卵管形成術)

組閣卵管が詰まったり狭くなってしまうことによって、卵子や精子が卵管を通ることができない「卵管性不妊症」の方を対象にした内視鏡治療です。この卵管鏡下卵管形成術は、医療保険が適応されます。卵管鏡下卵管形成術は外来で治療が受けられます。この場合は入院の必要はありません。

着床前胚染色体異数性検査
(PGT-A)について

日本産科婦人科学会はこれまで一部の限られた施設においてPGT-Aの有効性を調べる研究を行ってきましたが、さらに大規模にPGT-Aの効果を調べるための多施設臨床研究を行うこととなり、足立病院も臨床研究の分担施設としての承認を受けましたので、条件に適合する患者様を対象にPGT-Aを実施いたします。

生殖心理カウンセリング

生殖心理カウンセリング

SUPPORT FOR THE MIND

足立病院では、患者さまのこころのサポートに取り組んでいます。

不妊治療では期待や落ち込みなど、いつもと違う気持ちの変化があることがあります。これは医療の特性上、誰にでも起こり得ることです。しかし、気持ちの揺れに振り回されて辛い方、1人で抱え込んでしまっている方、足立病院ではwebカウンセリングを行っております。
治療のこと、対人関係のこと、仕事との両立、気持ちのコントロール、治療のやめどき等なんでも構いません。気にかかっていることについて、まずは一度、お話しを聞かせていただけないでしょうか。気持ちについて、これからについて、一緒に考える場にしたいと思っています。

生殖心理カウンセリングのご利用について

webカウンセリングのメリットとデメリット

webカウンセリングのメリット

  • 通院や待ち時間がなく、スケジュールが調整しやすい。
  • 感染症への感染リスクを下げることができる。

webカウンセリングのデメリット

  • 細かな表情やしぐさなど非言語情報が伝わりにくく、意思疎通が普段より難しくなるリスクがある。
  • 通信機器が必要になる。
  • 通信機器のトラブルで話が中断してしまう、タイムラグが発生する可能性がある。

ご利用案内

開室時間 毎週月曜、木曜の9:00〜、10:30〜、13:30〜、15:00〜
料金
  • 初回:予約550円(税込)+カウンセリング料1,100円(税込)
  • 2回目以降:予約550円(税込)+カウンセリング料5,500円(税込)(4月~6月は3,300円)
ご予約について
  • 完全予約制です。
  • 遠隔診療CLINICSの生殖心理カウンセリングでご予約ください。
【注意事項】

以下に該当する方は大変申し訳ありませんが、カウンセリングをお受けすることができません。

  • 精神科、診療内科に通院中で主治医の許可がない方
  • とても複雑な悩みを相談したい方、問題を長期間抱えている方(→対面カウンセリングをお勧めいたします)
  • 医療的な相談をしたい方(医師、看護師にご相談ください)

カウンセラープロフィール

臨床心理士 武田 みなと
武田みなと

佛教大学大学院 臨床心理学専攻 修了
京都出身。心療内科クリニックでカウンセリング、心理検査、復職支援などを経験。
現在は京都府立医科大学附属病院精神科心理士、私立中学高校のスクールカウンセラーを勤める

資格 臨床心理士、公認心理師 生殖心理カウンセリングのブログはこちら

生殖心理カウンセリングご利用の流れ

  1. 1.

    ご予約

    予約フォームがございます。ご予定にあわせてお取りください。

  2. 2.

    初回カウンセリング50分

    はじめてのカウンセリングは緊張されるかもしれませんが、そのときお話しできる範囲で構いません。

  3. 3.

    『生殖心理カウンセリング』で継続してカウンセリング50分

    もう少し時間をかけて自分の気持ちについて考えてみたいなという方、継続的なカウンセリングを行います。1週間に1回程度がおススメですが、ご自身の予定にあわせて予約をお取りください。カウンセラーから日程をご提案させていただく場合もございます。
    お話しされた内容が、カウンセラー以外に知られることはありませんのでご安心ください。

    【カウンセリングの終了・休憩について】

    予定やお身体の状態にあわせて、いつでもカウンセリングを終了、休憩することができます。