足立病院

足立病院の無痛分娩は
“24時間・麻酔科専門医”
が担当します。

「お産は痛そうで怖い」「一人目が痛かったからもう嫌」と思っている妊婦さんは、是非、無痛分娩を選択してください。
足立病院では、麻酔科、産婦人科、助産師の協力で、いつでも安心して無痛分娩を受ける事が出来ます。
産科医が麻酔、お産、赤ちゃんの全てを診ることで起こる事故を防ぐため、麻酔科専門医が麻酔を担当している数少ない病院です。

無痛分娩とは無痛分娩とは

PAINLESS DELIVERY

無痛分娩とは

お産の痛みへの不安は誰もが抱えています。アメリカやフランスでは、積極的に無痛分娩を行っていますが、日本での普及率はまだまだ低いのが現状です。「無痛分娩」は麻酔によってお産の痛みを軽減する方法です。一般的には大きく分けて「硬膜外麻酔」と「静脈点滴やガスの麻酔」があり、足立病院では硬膜外麻酔による無痛分娩を行っています。
無痛分娩をご検討の際は医師から十分な説明を受け、疑問や不安を解消されることを強くおすすめいたします。

無痛分娩のメリットとデメリット

無痛分娩ではお産の痛みが軽減され、体力の回復が早いために、産後の育児が楽にはじめられるというメリットがあります。もちろん、痛くないお産だから赤ちゃんに愛情を感じないということはありません。お産時の体力の消耗を抑えることで、お子様との時間を楽しむ余裕も生まれます。
一方、一般的に無痛分娩では陣痛が弱くなり、吸引分娩(鉗子分娩)になる割合が高くなると言われています。
無痛分娩のメリットとデメリットをよく知り、ご自分に合った分娩方法をお選びいただければと足立病院では考えております。

無痛分娩のメリット

  • 分娩中の痛みが軽減される。
  • 痛みのストレスから解放される。
  • 体力の消耗が少なく、産後の回復が早くなる。
  • 副交感神経が優位になるため、産道が広がりやすくなる。
  • 陣痛はお腹の張りとしてわかるので、自分でいきんで出産ができる。
  • 硬膜外麻酔は赤ちゃんへの影響がないため、スリーピングベイビーになる心配がない。

無痛分娩のデメリット

  • 陣痛が弱くなりやすい。(微弱陣痛)
硬膜外無痛分娩実績件数
硬膜外無痛分娩実績件数

足立病院では10年前より、麻酔科医の立会いの下、万全の態勢で無痛分娩に取り組んできました。安全を重視した体制づくりに努め、上図のように実施件数を伸ばしてきています。2018年に24時間無痛分娩を受けられる体制が整ったことで、実施件数は今後大きく増える予想です。

足立病院では、15名の産婦人科医と、6名の小児科医、5名の麻酔科医、60名の助産師が、皆さんのお産に対する様々な思いを受け止めるために、協力しながら働いております。同時に、妊婦さんや赤ちゃんの安心、安全にも最大の注意を払っております。院内助産院では、担当の助産師が外来から、入院、出産までのお世話をいたします。また、無痛分娩をご希望される妊婦さんのために、麻酔科専門医がいつでも対応できる体制をとっている数少ない病院です。

足立病院は、すべてののよりよいおをお手伝いいたします。

よくあるご質問

Q

足立病院では無痛分娩の体制はどうなっていますか?

A

  • 麻酔科専門医が麻酔を行います。
  • 麻酔や陣痛促進による副作用に対応できる設備と人員を整えて行っています。
  • 無痛分娩の経験をつんだ助産師と産科医師が分娩を管理します。
  • 院内で研修会を開催し院外の学会研修会への参加や発表を行っています。

Q

無痛分娩を受けたい(興味がある)のですがどうしたらよいですか?

A

STEP1

まず無痛分娩説明会に参加してください。(日程については外来で看護師にお尋ねください)

硬膜外麻酔の方法、合併症、分娩に対する影響などについて麻酔科医が説明します。「まあ話だけ聞いておこうかな」「なるべく麻酔なしで頑張りたいけれど、難産になった時のホケンのために」という理由での受講もOKです。ご家族の同伴もお気軽にどうぞ。

STEP2

希望者は麻酔科医師との個別面談をお受けください。

説明会で聞けなかったことやプライベートな質問にお答えして、麻酔を受けるかどうかのある程度の意思確認をさせていただきます。心配しているご家族と一緒に来られる方が増えています。また、説明会に参加できなかった方には詳しい説明から行います。

Q

無痛分娩は予約制ですか?

A

いいえ、無痛分娩は予約制ではなくキャンセル料もかかりません。最終的に麻酔を受けるかどうかは、陣痛が始まってからでも妊婦さんに選択していただけます。

Q

24時間できますか?

A

はい。24時間対応しております。

Q

選択的無痛分娩ってなんですか?

A

麻酔を受けられるように、予定日を決め、薬剤で陣痛を誘発して出産にのぞむ方法です。ご主人の休みや、上のお子さんの預かりが心配な経産婦さんにおすすめしています。

お問い合わせご予約は
お気軽にお電話ください

産婦人科

075-221-7431

直接外来受付にてのお問い合わせも受け付けております。
お気軽にご来院いただきお声がけください。