妊娠糖尿病患者の出産後における持続血糖モニタリング(CGM)による耐糖能評価

当院の研究責任者
足立病院 松本良文
本研究の目的
本研究の目的は妊娠糖尿病患者の出産後、非妊娠状態の耐糖能を持続血糖モニタリングにより評価し、妊娠糖尿病を発症しなかった出産後の女性のデータと比較することで、耐糖能異常の残存及び、明らかな耐糖能異常発症前の耐糖能異常発症予測の可能性について検討することである。
調査データの該当期間
2020年1月1日~
本研究の資⾦源(利益相反)
本研究に関連し開示すべき利益相反関係にある企業などはありません
お問い合わせ先
電話:075-221-7431
担当者: 松本良文