スタッフ紹介

STAFF

畑山 博

はたやま ひろし

院長としての目標は「日本で初めての女性医療専門病院」をつくる事。 産婦人科医としての目標は「もう一人産んでみたいと思えるお産」を提供する事。 家での目標は「息子達にかわいいお嫁さん」を迎える事。 妻と二人の息子と一匹のロシアンブルーの5人家族。

director_01.jpg

産婦人科

gynecology_01.jpg

顧問

矢野 樹理

腹腔鏡下手術と不妊治療を中心に産婦人科診療を行っています。経験した腹腔鏡下手術件数は3000例近くになりました。悩める患者さんを一人でも多く救うべく日々努力しています。ゴルフの腕がなかなか上がらずレッスン場に通う毎日です。

examination_03.jpg

副院長 / 検診センター長

井上 卓也

これまで15年以上にわたり総合病院で、診療と手術を行ってきました。これまでの経験を生かし、安全で確実な診療と手術を提供したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

nakayamadr.jpg

副院長 / 生殖内分泌医療センター長

中山 貴弘

日本の人口を一人でも多く増やすことを生きがいとしエネルギーとして仕事に臨んでおります。皆様ご協力よろしくお願い申し上げます。人生の座右の銘は「塞翁が馬」、診療における座右の銘は「診療と向き合ったら頭を最大限デジタルに、患者様と向き合ったら対応を最大限アナログに」 (これは自作)です。

gnecology_03.jpg

副院長

山出 一郎

足立病院から巣立っていく赤ちゃんが将来の日本を明るくしてくれることを期待して頑張っています。足立病院は患者様に優しい病院というだけではなく、女性患者様を中心にその家族にも優しい病院でありたいと願っています。

gynecology_04.jpg

産婦人科部長

須戸 龍男

産婦人科医として20年以上の経験をもとに、常に患者様の視線で、丁寧でわかりやすい診療を心掛けています。不安なことやご質問など、いつでも気軽にお声掛けください。

sudou.jpg

産婦人科部長

須藤 慎介

日本の未来を担う子供たちを、元気にこの世に送り出してあげたい。その瞬間にお手伝いできることがあるならば…
そんな思いで産婦人科医師になりました。
最近は、腹腔鏡下手術を行い、可能な限り女性の腹部を傷つけないよう、心掛けております。

hamadadr2.jpg

遺伝診療部部長

濱田 啓義

総合病院勤務、大学院を経て、足立病院に着任しております。足立病院では主に不妊外来と夜間帯の分娩を担当させていただいています。皆様のご要望、ご質問にわかりやすくお答えすることを大切にしていますので、お気軽に何でも聞いて下さい。

gynecology_05.jpg

産婦人科医師

戸城 えりこ

皆様との繋がりを大切に、丁寧な診療を心掛けております。患者様の不安や苦痛を少しでも解消できるよう対応しますので、どのようなことでも気軽にご相談ください。

gynecology_06.jpg

生殖内分泌医療センター副センター長

眞田 佐知子

女性の一生をサポートできる産婦人科医療を日々心掛けています。家に帰ると二児(一男一女)の母として奮闘中です。趣味はテニス(ここ数年していませんが…)、バイクでツーリング(これもここ数年のっていませんが…)です。どちらも子育てが少し落ち着いたらまた再開したいと思っています。

gynecology_07.jpg

産婦人科医師

立入 智恵子

皆様のお心に寄りそう医療を心掛けております。少しでも皆様の笑顔を増やすお手伝いができればと日々診療しております。

gynecology_08.jpg

産婦人科医師

草開 恵里子

東京から京都に越してきました。京言葉と東京弁が融合し、おかしなイントネーションで話しているかもしれませんが、気になったらご指摘ください。話しやすい雰囲気の外来を心がけておりますので、よろしくお願いします。

motsubo.jpg

産婦人科医師

大坪 昌弘

身体的だけでなく、精神的な面も含めて、来院された方が笑顔になれるきっかけを少しでも作れるよう心掛けております。
気兼ねなく、いつでも御相談下さい。

ushiodadr.jpg

産婦人科医師

潮田 至央

大学病院を中心に周産期・婦人科腫瘍を専門にしてまいりました。当院では生殖医療も加えて女性のトータルライフサポートを行いたいと思っています。京都の皆様に安心して産婦人科医療を受けられるように努力してまいります。

yoshiokaDr.jpg

産婦人科医師

吉岡 有紀

周産期診療、婦人科手術などに約10年間携わってきました。安全な医療を提供できるよう心掛けています。
相談しやすい産婦人科医になれればいいなと思っています。些細なことでも気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

小児科

pediatrics_01.jpg

小児科部長

松本 良文

大学を卒業後小児科医となって20年近く過ぎました。まだまだ未熟者ではありますが、これまでの経験を生かし足立病院の一員としてみなさまのご期待に沿うべく努力する所存です。「迅速・親切・丁寧」をモットーに、診療に当たらせていただきます。

pediatrics_06.jpg

小児科副部長

加藤竜一

小児科医としては今年で12年目ですが、これまでは主に大学病院で小児循環器(こどもの心臓病)にたずさわってきました。まだまだ未熟ではありますが、お子さまの成長を一緒に喜べるような医療を目指していきたいと思います。

kubodr.jpg

小児科医師

久保 樹里

子どもさん達が元気に笑顔で成長していくことができますように、少しでもお手伝いができればと思います。家では男の子の母親であり、子どもを育てながらもまた、子どもに親としても育ててもらっています。

tabatadr.jpg

小児科医師

田畑 千尋

赤ちゃんが生まれ、元気に大きく育っていく。そこに小児科医として少しでも関わることができれば嬉しく思います。たくさんのこども達を笑顔にできるようがんばっていきたいと思います。

hisakadodr.jpg

小児科医師

久門 具子

4年間のNICU勤務を経て、子育ての最初の一歩を応援したく足立病院に再度勤務することになりました。小さなことでも不安の種になるならお尋ねください。解決できると思います。

pediatrics_03.jpg

小児科医師

角谷 登美子

お母さんお父さんの笑顔は子どもを笑顔にします。 みんなが笑顔になれるよう、がんばっていきたいと思います。

pediatrics_04.jpg

小児科医師

八田 佳奈子

患者様の訴えにしっかりと耳を傾け、的確な診療、アドバイスを心がけています。プライベートでは双子とその妹の3人の育児に奮闘しております。自分の子供に教えられることも多々あり、日常が勉強だなあと感じる今日この頃です。

ページの先頭へ

乳腺外科

tominagadr.jpg

乳腺外科医師

富永 愛

気さくで話しやすい乳がん検診」をモットーに、検診の際に、自分のおっぱいについて学んでもらうことが出来れば、といつも考えています。患者さん自身の胸のタイプや、乳がんのリスク、自己検診の方法などを具体的にお伝えして乳がん検診をより身近に感じていただければうれしいです。

ページの先頭へ

麻酔科

kasaid2r.jpg

麻酔科医師

笠井 馨美

帝王切開術、腹腔鏡下手術などの麻酔(全身管理)を担当します。手術が安全に行われることは勿論ですが、手術后の痛みや様々な合併症対策までカバーすることを目標にしています。日本麻酔科学会認定麻酔科指導医。趣味はランニングとスキューバダイビング。(仕事との両立が難しい!)

taruidr.jpg

麻酔科医

垂井 薫

母子ともに元気でありますよう、ご安産でありますように、そのお手伝いをさせていただけたらと思います。婦人科手術、無痛分娩、帝王切開などを担当します。よろしくお願いします。

ページの先頭へ

内科

nishikawadr.jpg

在宅医療部部長

西川 治央

急性期から慢性期にかけて常に総合診療に携わり全人的な対応を心がけております。病気だけを「診る」のではなく生活、ご家族、環境も含めて診ることを大切にしております。そして最終的には『あなたに出会えて良かった』と思ってもらえるよう努めております。病気以外のことも含めてお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

看護部

nurse_02.jpg

看護部長

白岩 八千代

たくさんのお産に立ち会う中で、常に自分の役割を考え、妊婦さんに安心してお産を迎えられるよう、日々頑張っています。出産後も心と身体のケ アを中心に、皆様に寄りそったサポートをしていきたいと思います。

itou2.jpg

小児科師長

伊藤 美鈴

”今 自分にできることを 誠実に 一生懸命行うこと”
を目標に頑張っています。患者様から”なんか ほっとしました”と言っていただき、とても嬉しく思い、少しでも多くの人にほっとできる時をと思っています。
一緒に頑張りましょう。

nurse_05.png

生殖内分泌医療センター 臨床検査技師長

小濱 奈美

胚を培養して20年以上になります。今は技術・環境ともとても向上しており、体内と同じ状態で育てられるようになっております。皆様の胚を大切にお預かりさせていただきます。よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ

子育て支援事業部

yamaguchi2.jpg

子育て支援事業部 統括主任/マミーズスクエア センター長

山口 真由美

出産・子育てという大きな営みを一つの契機として、お母様、お父様、ご家族様の生活がより豊かな広がりをもつものとなることを願いつつ、ささやかながらお手伝いさせて頂きたいと思っております。よろしくお願いいたします。

nakagawa2.jpg

あだちほいくえん 主任

中川 玲子

ひとりひとりのお子様の思いに寄り添いながら、お子様の心をしっかりと受け止めて、安心して過ごして頂けるように日々の保育を大切にして過ごしていきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

kitahara1.jpg

病児保育園こだち主任

北原 朋子

お子様がご病気の時に保護者の方々の代わりとなって心細く不安な気持ちを少しでも和らげ、安心してゆっくり過ごしてもらうことを大切に保育させていただいています。保護者の方々の子育てとお仕事の両立に役立てれば嬉しく思います。

ページの先頭へ