診療のご案内

遺伝診療部

遺伝に関する疑問や悩みのご相談をお受けしています

ごあいさつ

遺伝にかかわる医療技術の進歩はめざましく、新たな技術が次々と医療現場に導入されています。産婦人科領域においても新型出生前検査とよばれる母体血中の胎児DNAを用いた出生前遺伝学的検査(NIPT)、家族性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に対する遺伝学的検査も行われるようになってきました。
当院の遺伝診療部で扱う内容は、出生前診断、不妊症や不育症など生殖医療に関する遺伝の問題、家族性乳癌卵巣癌症候群をはじめとする婦人科領域の家族性腫瘍が主になりますが、遺伝に関する相談は随時お受けしております。相談してよいかわからない場合等も気軽に御問い合わせください。

担当スタッフ

濱田 啓義

濱田 啓義 はまだ ひろのり

(遺伝診療部部長 / 臨床遺伝専門医)

山出 一郎

山出 一郎 やまで いちろう

(臨床遺伝専門医)

こんなことで悩んでいませんか?

  • そもそも遺伝ってなに?
  • 妊娠しているけれど、赤ちゃんに何もないか心配なんですが?
  • 高齢妊娠だしリスクが高いって聞いたけれど大丈夫でしょうか?
  • 体外受精ですが、赤ちゃんに影響はありませんか?
  • 何度も流産を繰り返しているのですが?
  • 遺伝子や染色体の検査で何がわかるの?
  • クワトロテストや羊水検査を受けようと思うのですが?

ページの先頭へ