診療のご案内

みのりのお産

「みのりのお産」とは、足立病院の「院内助産システム」の名称です。
「院内助産システム」というのは、健康で異常がない妊婦さんに対し、担当助産師が妊娠中から継続して妊婦健診を行い、正常な出産、産後までを一貫してサポートする仕組みです。
(※担当とは:個人を指すのではなく、「院内助産チーム」を指します)
妊娠中の必要週数の医師の定期健診が何度かありますが、妊娠中やお産の経過が正常であれば、医師はお産には立ち会いません。
私たち助産師が全力で皆さんの妊娠、出産、育児をサポートします。

はじめに

本来、妊娠・出産・育児というのは病気ではなく、健康な女性の一生の中で営まれていく過程の一部です。月経は妊娠・出産のために自然にやってきた過程です。お産も本来は自然の営み、生活の一部です。もし、医師の検診で、あなたの妊娠経過が健康で異常がないということがわかれば、次は「いかにこのまま正常に、母子もに元気に、安心して、妊娠を継続し、出産、育児にのぞむことができるか。」ということを考えることが大事になってきます。

「みのりのお産」は、妊婦さんが、妊娠、出産という自然の営みを自分の身体で感じ、自分らしい出産や育児をしていくことをお手伝いするための仕組みです。

なぜ「みのりのお産」

出産には「安心」と「安全」が必要です。
「安心」は…

妊娠を機にドラマティックに変化する心と身体の変化に正面から向き合ってみることが、「安心」してお産を迎える「こつ」です。「安心」とは誰かにもらうものではなく、支えられ、自分で積み上げていくものなのです。 ひとつめは、出産・育児に備えて身体を整えていくことです。
たとえば身体の動かし方、食べるもの、身体を温めることなどに気を遣い、生活を見直し、実行してみることで、身体はよりよい状態に保てます。その変化を自分で感じ、健康のレベルアップを図ります。自分の身体は自分で整えていけるのだということを知って下さい。
ふたつ目は、心を整えていくことです。
毎日おなかの中の赤ちゃんと向き合いながら過ごすこと、赤ちゃんをともに迎える家族との穏やかな生活、信頼できる医療者との関係を通じて、「安心」した妊婦生活を送り、その延長上にあるお産を「安心」して迎えましょう。
助産師は、「安心作り」のお手伝いをさせていただきます。出産の時にも妊娠中からお互いを知っている助産師と一緒に「安心」して、自分の持っている力を最大限に引き出せるといいですね。

「安心」は…
医療従事者・病院が提供します。異常の予防と早期発見に努め、必要な処置を必要なときにすることができるように、最善の努力をします。

「安全」な環境のなかで「安心」できる出産をする。
これが「みのりのお産(足立病院院内助産システム)」です。

「みのりのお産」で助産師が継続して関わることのメリット

医師は母体と胎児に異常が起こっていないかを見つけて、異常が起こっているときには医療行為を施すことによって母体と胎児の命を救う「プロ」です。
助産師は、健康な母親を心身ともにより健康になるよう導き、元気な赤ちゃんを育み、出産が今後の子育ての自信となるよう共に歩むのが仕事です。そして、困ったときは困ったと、不安なときには不安だと伝えることができるようにお母さんを大切にサポートします。
妊娠中から助産師と共に歩むことは、正常な出産への近道になるかもしれません。
正常な出産は、お母さんの身体にも、赤ちゃんにも優しいお産です。だから、産後もスムーズに赤ちゃんのお世話をすることができます。

「ただ異常にならないように過ごす」のではなく、妊娠、出産を機に「自分と家族がより健康に、幸せを感じる知恵を得て自信を持って出産に臨む」ということが、「みのりのお産」の大きな特徴です。

「みのりのお産」が妊婦さんに提供するもの

■助産師妊婦健診
足立病院の通常のお産では、医師が検診を担当し、助産師外来の妊婦健診はご希望される時に、ご希望される方のみが受けています。「みのりのお産」では妊娠 20週以降(胎動が分かるようになってから)、28週、36週、40週以降の医師検診以外は、経過が正常であれば「みのりの家」2階の助産師外来で担当助産師による妊婦健診を受けていただきます。
妊婦健診はタッチパネルで予約し、完全予約制です。個室でゆったりと健診を受けていただけます。
担当の助産師が毎日交代で勤務しており、個室でゆったりと一人30分かけて健診を受けていただけます。

  1. 検尿、血圧、体重測定・・・妊娠経過に異常がないかどうかを調べます。
  2. 腹囲、子宮底測定、心音聴取・・・お腹の赤ちゃんの成長が順調かどうかを調べます。ドプラーで赤ちゃんの心音を確認します。(エコーはありません)
  3. 触診・・・お腹を触って、赤ちゃんがお腹の中でどのように過ごしているのか、おなかが張っていないかなど、お母さんが、自分の体調や、お腹の中の環境を自分で感じ、整えることができるようにご説明します。また骨盤の開きやむくみなど、妊娠によるからだの変化にどう付き合っていけばよいかを一緒に考えます。助産師の手で感じられることは、きっと、自分自身、ご主人、上のお子さんにも同じように感じることができるかもしれませんね。一緒に自分の身体、赤ちゃんを感じてみましょう
  4. 問診・・・今皆さんが何を思い、どう感じているのかをお伺いし、多くの妊婦さんと触れる中で学んだ経験から、あなた自身の生活の中でできる工夫を一緒に考えます。

■「みのりのお産」出産、産後のケア
「みのりのお産」では、今まで皆さんの妊婦健診を担当させていただいた、お互いによく知っている担当の助産師のうちの一人が、お産を担当させていただきます。
お産はとてもデリケートなもの。心と体が密接に関係しているので、お互いよく知っている人に囲まれた、安心できる環境が、皆さんをご安産へと導きます。
お産は足立病院本館の分娩室又は和室で行い、産後も足立病院本館で過ごしていただきます。
お産や産後の経過が順調であれば医師は分娩には立ち会いませんが、異常の際にはすみやかに医師と連絡を取り、医師とともに経過をみさせていただきます。

よくあるご質問

「みのりのお産」は誰でも選べるの?
「みのりのお産」は緊急の事態を除いては、医師の立会いがありませんので、健康で妊娠経過に異常がない妊婦さんが対象になります。(別紙参照)現在は経産婦さんのみ対象です。そして、このまま正常に経過することができるように、積極的に運動や食事で身体と心を整えていける妊婦さんが対象になります。
お申込は27週6日までにお願いします。
妊娠経過やお産に異常があったらどうするの?医師の検診の回数が減っても大丈夫?
いずれの期間も担当助産師が異常と感じられた時点で、すみやかに医師の検診、診断、治療を受けていただきます。医師は担当助産師と連携をとり、まさに「縁の下の力持ち」で正常出産を支えてくれています。
出産費用はどうなるの?
出産費用は通常のお産と同じです。入院日数や分娩時間等によって異なりますので、詳しくは事務所にお尋ねください。

「みのりのお産」に興味を持ったら・・・

家族で相談し、「みのりのお産」を希望することを決めたら、助産師外来の予約をとります。
申込み希望の受診の時は、いろいろと確認させていただくことがございますので、1時間のお時間をいただきたいと思います。ネット予約システムではご予約ができませんので2階受付窓口、または、お電話で「みのりのお産初回受診」で予約をとって欲しいとお伝え下さい。
「みのりのお産初回受診」の際に、今までお子様のときの母子健康手帳をご持参下さい。

「みのりのお産」対象者

現在は経産婦さんのみを対象としておりますのでご了承ください。また、里帰り出産の方、妊婦検診を他院で継続して受診されている方は受け付けておりませんのでご了承ください。

  1. 妊娠経過に異常がない。
  2. 本人と家族が「みのりのお産」を希望している。
  3. 医師による初回の妊婦健診後から妊娠20週をこえて胎動を感じている時期~妊娠40週までで、医師が許可した妊婦である。
    (ただし妊娠28週前後、妊娠36週は医師の診察を必要とする)
  4. 単胎である。
  5. 現在合併症がない。
    心臓病・糖尿病・腎炎・子宮筋腫・卵巣腫瘍・甲状腺疾患など感染症(B型肝炎、C型肝炎、HIV感染など)
  6. 帝王切開術および子宮の手術の既往がない。
  7. 宗教上の問題がない。
  8. 前回の妊娠・分娩歴に異常がない(今回の経過と合わせて判断する)。
    ※妊娠歴の異常(不育症、体外受精後、妊娠高血圧症候群、切迫流早産で入院歴がある、妊娠糖尿病、染色体異常、胎児異常、静脈瘤)については医師と相談して決める。
    ※分娩歴の異常〔早産、後期流産(妊娠12週以降)、低出生体重児、巨大児、帝王切開、多量出血(弛緩出血)、常位胎盤早期剥離、多量出血〕については医師と相談して決める。
  9. 妊娠中期評価表の点数が2点以下である。
  10. 非妊時肥満(BMI 30以上)でない
  11. 分娩時、貧血などの異常がない。

ページの先頭へ