診療のご案内

検診センター

検診センターの開設にあたって

すべての女性の健康を守るために、足立病院ができること。

日本でも乳がんを発症する女性が年々増え、今や16人に1人が罹患するといわれています。
また、子宮の入り口にできる子宮頚がんは女性特有のがんのうち乳がんの次に多く一日に約7人の女性が子宮頚がんで亡 くなっています。特に最近は20歳代、30歳代の若い女性で子宮頸がんに罹る方が増えており、治療を受け命が助かっても 赤ちゃんを産めなくなるという問題も起こっています。乳がんや子宮頸がんは、早期発見・早期治療で治る確率が高いがんです。 早期に発見できれば、大切な乳房や子宮を失わずに済みます。つまり、検診を受けることがとても大切なことなのです。

もっと気軽に安心して、子宮がん検診と乳がん検診を受けていただきたい…

女性の、お母さんの健康を守るため、足立病院では「検診センター」をRenewalしました。
専門のスタッフと最新の設備を整えるとともに、もっと気軽に高度な検診を受けていただけるよう女性の方々に配慮した 受診していただきやすい環境を整えました。また、がん検診だけではなく、隣接するシンフォニア御池の内科や眼科、耳 鼻科、皮膚科と連携し女性の一生涯をトータルにサポートする体制も整えています。

すべての女性の心とからだの健康を、一生涯にわたってサポートするために。
新しい足立病院「検診センター」にご期待ください。

検診センター長 井上 卓也

検診センター

井上 卓也

井上 卓也
(足立病院副院長 / 日本産婦人科内視鏡学会技術認定医)

PROFILE

1996年京都大学大学院修了
1996年より京都大学医学部付属病院助手、2001年7月より滋賀県立成人病センター婦人科部長、2007年4月より国立病院機構京都医療センター産婦人科診療科長、2011年4月より現職。
日本産科婦人科学会認定専門医、京都大学医学博士、日本産婦人科内視鏡学会技術認定医、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本がん治療認定医機構癌治療認定医・暫定教育医、精中医マンモグラフィー読影認定医、日本周産期・新生児学会新生児蘇生法(専門コース)インストラクター、
婦人科手術、腹腔鏡下手術、婦人科腫瘍が専門分野。

診療科目

  • 乳腺外科
  • 乳がん検診(市民検診・企業検診等)
  • 妊婦乳がん検診
  • 心電図・出血時間検査
  • 4D超音波外来
  • X線撮影

最上位4D機器導入!

4D超音波とは

お腹の赤ちゃんを立体的に画像に映し出し、リアルタイムで様子を見ることが出来る超音波です。当院では、個室でゆっくりとご家族揃って画像を見ることが出来ます。また、4D外来は全て女性の技師が担当します。

目的
赤ちゃんのかわいい様子をみる
対象
胎動を感じる方(19〜20週位)~30週までの方(29周6日まで)
所要時間
約30分程度
料金
当院通院中の方5000円
他院の方6,000円
※USB録画希望の方は、別途756円にて購入必要。(持ち込みは安全上の理由からお断りしております)

※4D超音波画像は、条件が整わない場合良好な画像は得られない事がありますのでご了承下さい。
※当日、お腹の張りや痛みなどがある方は安全の為、お断りさせて頂きます。
※医師による健診や診察ではありませんので、 胎児異常の有無などの質問にはお答えできません。
※撮影できなかった場合も、手技・撮影料として1500円いただきます。

赤ちゃんの様子がご覧頂けます

診療日・診療時間

2016年11月10日〜

  月 火 水 木 金 土
乳腺外科・
市民検診
午前 担当医 担当医 - 担当医 担当医 担当医
午後 担当医 担当医 - - 担当医 -
夜診 - - - - - -
妊婦乳がん検診 午前 -
午後 - - -
夜診 - - - - -
4D超音波 午前 - - - - -
午後 - - - -
夜診 - - - - -
心電図 午前 - - - - -
午後 - - - -
夜診 - - - - -
  • ※4D・心電図は、技師による検査のみのため、診察は行いません。

ご予約はこちら

市民がん検診

足立病院では京都市による乳がん検診、子宮がん検診の指定医療機関として登録しており、対象者の方に受診していただいております。

子宮がん

京都市市民の20歳以上の女性で、2年に1度

検診費用:
頸部細胞診 1000円
頸部細胞診+体部細胞診1700円

検診についての詳細、検診料金免除については京都市のホームページをご覧ください。
ご予約・お問合せは下記連絡先までお電話ください。

足立病院検診センター 075-221-7431

ページの先頭へ