病院からのお知らせ

INFORMATION

2012.03.07

女性医療マネジメントセミナーに畑山院長が参加しました。

湖山医療福祉グループセミナールーム(東京都中央区)にて女性医療マネジメントセミナーが開催され、当院畑山博院長も女性医療マネジメント研究会の世話人の一人として出席しました。女性医療マネジメントセミナーは、7回目を迎えた今回より、オープンセミナーとなり、会場には約50名の医療関係者や報道関係者が参加しました。

第1部では中村清吾 先生(昭和大学医学部乳腺外科教授)が「我が国におけるHBOC(遺伝性乳がん・卵巣がん)の対策」について述べられました。中村先生は、乳がんや卵巣がんにおいてのリスクファクターとして近年の動物性食品の摂取量の増加と、遺伝子異常があるとした。昭和大学病院ブレストセンターでの遺伝カウンセリングおよびHBOC診療を紹介して頂きました。次に相良吉昭 先生(社会医療法人博愛会相良病院理事長)より「HBOCの自院の取り組み」としてHBOC患者を確実にピックアップするシステムや、家族カウンセリング・患者カウンセリング、患者のがん再発予防までの一貫した取り組みをを発表されました。

第2部では朴 珍相氏(韓国柳韓大学校保健医療福祉研究所研究員、国際医療福祉大学大学院保健医療学研究科保健医療学専攻博士課程)が「韓国のヘルスケアICTの現状と外国患者受け入れ体制に関する事例研究」について発表。韓国医療全体としてGalaxy Tabなどのタブレットを活用した医師用、医療従事者用、患者用のアプリケーションシステムの構築を紹介されました。

放射線科情報ポータル「Rad Fan ONLINE」に掲載されました。
http://www.e-radfan.com/newsflash/14229/

 

maneji.jpg

各科からのお知らせ

  • 産婦人科
  • 婦人科・腹腔鏡外来
  • 生殖内分泌医療センター
  • 小児科
  • 検診センター
  • 在宅医療部
  • あだちほいくえん

ページの先頭へ